TOSHIYUKI ソロ コンサート

9月29日(土)

e0058731_11334235.jpg以前、職場で一緒に働いた人が、一生に一度はソロコンサートを、との夢を叶えた。



その人は、丹羽敏介さんと言って、大学で声楽を勉強し、社会人となってからもいろいろな場所で活動している人だ。

このたび名古屋のスタジオFiorireというところで、昼夜二回のチャリティ・ソロコンサートを行った。
今までお世話になった方への、お礼と感謝の気持ちをうたにのせて、、、ということだった。

この会場のオーナーは、やはり声楽家の長屋弘子さん。名古屋の二期会で活躍している人だが、この人とも少し縁がある。妹さんが以前、私のクラスにいた。それで、コンサートにも2回程聴きに行かせていただいたことがある。

さて、会場は入りきれない程のお客さんで大盛況。彼の教え子とおぼしき子どもや若者もたくさん来ていた。曲目は、彼らしい選曲で、職場での彼とはまったく違ったしゃれた(職場ではダサい、とう意味ではありません。決して!)出で立ちで登場した彼は、飲み物とお菓子が用意された休憩をはさんで、たくさんの素敵な歌を披露してくれたのでした。

最後にはみんなで「ふるさと」の大合唱。そのあまりのレベルの高さに、合唱団などで歌っている人がいっぱいいるんだ、と思った、歌が下手なきむきむでした。

一度と言わず、またコンサートやってね!丹羽さん!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事をアップした日の午後、丹羽さんの訃報が届きました。
闘病中のぎりぎりの体力での、コンサートだったのです。
丹羽さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
天国でも、きっと歌われていることでしょう。
by kimukimulife | 2012-10-04 11:46 | クラシック
<< 第四十八回 吉例 顔見世(夜の部) 天狗岳(ピストン) >>