Guys From The Earth〜SUMMER FESTIVAL 2011     Keep on in NAGOYA〜

9月10日(土)

e0058731_954417.jpg元宝塚雪組トップの水夏希が率いるガイズ・フロム・ディ・アースの初コンサート。たまたまHPを見ていて、チケットの先行販売に気が付いてラッキーだった。



会場のライブハウスは、たぶん今までで最高の平均年齢では?と思われるような、中年〜老年の女性で埋まり、一種異様な雰囲気だったが、オープニングでは全員スタンディング。

このようなコンサートは初めての私は、少々面食らったが、座っていては見えないので仕方なく立った。ま、その方がノリもよくなり、雰囲気はよくなったが。

生き生きと歌い、踊るミズさんを見ていて、ああそうか、彼女はこういうことがやりたかったのか、と思った。女優として演技をするよりも、かっこいいアーティストとして存分にダンスを入れたステージをするほうが、彼女のいいところを生かせるし、ファンもそれが見たいのだ、と改めて感じた。

最後のタンゴシーンで相手の男性と、リード役が入れ替わって男役になったところで、ファンは大喜びだった。

そして、ぜひ付け加えておきたいのは、ガイズの3人の男性がそれぞれとても能力もあり魅力的で、ミズさんが入っていないナンバーもとてもよかったことと、コラボしたモディアというヴァイオリン、ピアノ、パーカッションのユニットもとてもよかったということ。ガイズとモディアのCDを販売していたので、両方とも購入した。

一つ、不安に思ったのは、このスタイルでいつまでやれるか、ということ。ガイズの男の子たちもファンにとって、この形が満足いくものか。現にもう一人メンバーが抜けている。ともあれ、ミズさんのダンスが見られる機会ができるだけ多いことを祈る。
by kimukimulife | 2011-10-05 23:08 | コンサート
<< 木曽駒ケ岳 大阪芸大 プロムナードコンサート >>