シンフォニア・ヴァルソヴィア WITH 竹澤恭子・村治佳織

5月5日(水)

e0058731_2110518.jpg職場の組合で、一年に一度だけ、チケットが半額で購入できる、という抽選があって、これまで2度もはずれていたので、最後のチャンスということで、申し込んだ。





クラシックのチケットは競争率が低いようで、2枚ゲットできた。
それで、主人を誘って行って来た。

プログラムは、ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(ギター:村治佳織) モーツアルト:ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.216「トルコ風」(ヴァイオリン:竹澤恭子 ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 アンコールは、ロッシーニ : 歌劇「アルジェのイタリア女」序曲

指揮者とオケは初めてだったが、一度ナマで聴いてみたかったアランフェスと、好きな竹澤さんのトルコ風を聴けてよかったし、のだめですっかりメジャーになったベートーヴェンの第7交響曲も、とてもよかった。
by kimukimulife | 2010-05-08 20:43 | クラシック
<< 霊仙山 雄山(立山) >>