パイレート・クイーン

1月6日(水)

e0058731_11583399.jpge0058731_1159691.jpg山口祐一郎と保坂知寿が、劇団四季を退団してから初めて同じ舞台に立つ、というので、ぜひ見たい!と思った。





山口さんは、もう四季をやめて随分になり、レ・ミゼでミュージカルに復帰してからはいろいろな作品に出ているので、その舞台姿は見ているが、知寿さんの方は、マンマ・ミーアを電撃的(?)に降板して、そのまま四季を退団してしまってからは、名古屋で舞台に立つこともなく、見ることはできなかった。

四季時代の、彼女の作品をいっぱい見て、大好きだった私としては、ほんとに淋しかったわけだが、山口さんと共演するとあっては、やはり見ておかねば、ということで、冬休みということもあって、有給休暇を取り大阪まで出かけた。

知寿さんの役は、彼女にぴったりの男勝りの女性。四季時代とまったく変わりない、クウォリティの高い芝居を見せてくれた。山口さんの方は、ちょっと年齢的に無理がある?というか、この年の若者をやるなら、もう少しシェイプアップしておいて欲しかった。

今井清隆や石川禅、宮川浩は、歌・演技ともにレベルが高く安心して見ていられた。涼風真世も、ほとんど動かない演技だったが、さすがの存在感だった。

だけど、知寿さんのドナ、もう一度みたいな、、、
レ・ミゼラブルにも出てほしいし、エリザベートもやってほしい。
というより、名古屋に来てほしい!!!
by kimukimulife | 2010-01-17 12:01 | ミュージカル
<< 白川郷と平湯大滝と上高地 北横岳周辺のスノートレッキング >>