<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

O・E・Kファンの集い

8月30日(火)

O・E・Kとは、「オーケストラ・アンサンブル金沢」のことである。
30日に、その、ファンの集いというコンサートへ行って来た。
別にファンクラブに入っているわけではないが、伏見の「しらかわホール」の会員になっているので、案内が来て、応募したら当たったのだ。


今回は2回目。オケのメンバーから1回目と同じ4人がカルテットを組み、弦楽四重奏曲を中心にいろいろな曲をやってくれた。1回目も楽しかったが、今回も普通ではやらないいろいろな趣向があり、楽しめた。


まず、ゼネラルマネ−ジャ−の山田さんがマイクを持って、挨拶をされたのだが、その話が面白かった。そんなことまで言っちゃっていいの?というような裏話もあり、それだけで終わってもいいくらいの面白さだったが、そんなわけにも行かない。やっと、コンサートになり、先回と同じくチェロの大澤さんが司会役で、例によって味噌煮込みや名古屋コーチンの話をちりばめながら、楽しくコンサートが進行して行った。


今回は、なんとステージの4人の後ろにも椅子が並べてあり、曲が代わるたびに、お客さんが入れ代わり立ち代わり、その席に移動してもよいのである。プロの演奏を間近で見られるということで、楽器を習っているとおぼしき子供達が、まっ先にステージにかけ登って、くいいるように演奏者の手元を見つめているのが印象的だった。
わたしも、恥ずかしながら、この年で5年前から楽器を習っているので、ほんとは行きたかったが、恥ずかしいのでやめた。


プログラムは、バッハやモーツアルト、ベートーベン、ボロディンだったが、その中で大澤さんが、「ぼくはヨーヨー・マではないので、この曲をこんなところで弾かせてもらうことは、まずないので・・・」と、照れながらバッハの無伴奏チェロ組曲ト長調より、プレリュード(CMなどでよく流れる曲)を演奏したが、パッと見では、テキ屋かヤのつく人か、、、まず音楽家には見えない大澤さんの(ごめんなさい)バッハ、とてもよかった。


「こういうことは、すごく勉強になるんです。」と、言いながら、4人のすわる場所を次々と変えて演奏するのも、珍しくて興味深かった。


音楽監督の岩城宏之さんが、肺に腫瘍が見つかり24回目の手術をされたそうですが、早く元気になられることを祈っています。


前にも、ヴィオラの今井信子さんがおっしゃっていたが、しらかわホールは、世界的に見ても、響きのよさでは超一級のホールだそうだ。名古屋にそんなホールがあるなんて、ちょっと、誇らしい感じがした。


by kimukimulife | 2005-08-31 23:45 | クラシック | Comments(0)

東山魁夷展

8月29日(月)

ミニを迎えに行った日に、近くのメナード美術館へ「東山魁夷展」をミニ、、、、いや、観に行った。


彼の絵の、同じ色調で奥深い幽玄の世界が表されているところが好きだ。
特に、深い青緑の世界が、心が落ち着くようで好き。
ちょっと入っている白が、またいい。


彼の絵は、木曽路のどこだっけかの道の駅にも展示してあって、行ったことがあるが、一番好きな「道」が展示されているので行った。この絵を観ていると、未来への希望のようなものが湧いて来る。



e0058731_2250743.jpg


「雲立つ嶺」も、いい。先日登った、白山を思い出した。




e0058731_22503955.jpg

by kimukimulife | 2005-08-29 22:56 | 美術 | Comments(5)

ミニのこと

8月27日(土)

小学生の時、まだ町を走る車の名前がすぐわかった頃、
ミニはかっこよかった。
リンカーン・コンチネンタルより、ジャガーより、
ミニ・クーパーにあこがれた。



more

by kimukimulife | 2005-08-27 21:42 | ミニ | Comments(4)

初めまして・・・きむきむです

子供の頃から、日記をつけるのが苦手だった。

でも、人生の半ばを過ぎ、いろいろな出会いや感動を
何かの形で残せれたら、、、と考えるようになった。

思いつくまま、気ままに書き綴って行こうと思う。

写真は、この夏に登った、北海道の旭岳です。
ガスが吹き出し、男性的な勇姿を見せていました。e0058731_23124476.jpg
by kimukimulife | 2005-08-26 23:20 | | Comments(0)