綿向山〜竜王山

2月8日(日)

行けたら行きたかった今日の自主トレ。行き先は桧塚だったが、家庭の事情で行けるかどうかわからず、ぐずぐずしているうちに今年も昨年に引き続き、定員オーバーであえなく敗退。




ところが、それを知ったやまねこさんが、すぐに「綿向山に行くけど一緒にどう?」と声をかけてくださった。行けるかどうかわからない私に、ときどきこうやってやまねこさんや山ねずみさんが声をかけてくださるのは、本当にありがたく、いつも感謝している。

例によって、いろいろあってぎりぎりまでわからなかったが、なんとか行けそうになり、ご一緒させていただくことにした。

その間に、桧塚は中止となり、その後新たに霊仙への案内が入ってきたのは、綿向山に行くことに決めたあとだった。

ま、この暖かさでは、どこへ行っても樹氷は期待できないだろう。久しぶりに山を歩けるだけでも御の字である。

ナビで調べたら、集合地の関宿は亀山インターで降りるみたい。でも、何やら降り口がややこしそう。ということで、やまねこさんに四日市東インター近くで拾ってもらうことに。

7時に落ち合って、関宿に8時頃着き、9時頃に登り始める。

しんさん、トマトさん、Kさんとは久しぶり。登り口手前にトイレが新しくできていた。

e0058731_1451398.jpg


雪はまったくない。

e0058731_14521819.jpg


よく整備されたつづら折りの道を行く。

e0058731_1453854.jpg


避難小屋で、休憩。温かい甘酒がおいしかった!

e0058731_14534964.jpg


行者コバ。少し雪が。

e0058731_14543651.jpg


e0058731_1455495.jpg


e0058731_14551539.jpg


頂上近くなると、雪が多くなって来た。

e0058731_14552660.jpg


頂上へ。風が強い。大急ぎで昼食をとる。

e0058731_14571612.jpg


正面は雨乞岳。

e0058731_1456179.jpg


こちらは鎌ヶ岳。

e0058731_14585559.jpg


さあ、竜王山へ縦走路を行く。

e0058731_14592265.jpg


鈴鹿山脈が一望できる。

e0058731_14594864.jpg


e0058731_150540.jpg


歩いて来た道を振り返る。あれが綿向山だ〜。

e0058731_1501673.jpg


すごい風。

e0058731_151877.jpg


いい天気。

e0058731_153414.jpg


竜王山頂上。ここは、風がなかった。

e0058731_1532677.jpg


下りて来ました〜。思ったより早かった。

e0058731_1544141.jpg


樹氷はなかったが、初めての竜王山への縦走路は、眺めもよく面白かった。
ご同行させて下さった皆様、ありがとうございました。
by kimukimulife | 2009-02-10 00:00 | | Comments(8)
Commented by 山熊 at 2009-02-11 05:33 x
続き読みたいです!
綿向山は何県ですか?きついですか?標高は何mですか?雪はありますか?眺めはいいですか?
                         熊公
Commented by kimukimulife at 2009-02-11 19:54
山熊さん、こんばんは〜。レポが遅れがちなきむきむです。
綿向山はちょうど雨乞岳から見て、御在所岳の反対側にある山です。
だから、滋賀県かな?地元の人々に愛されている山で「綿向山を愛する会」があったり、1110mというところから、11月10日が綿向山の日になっていて、イベントがあったりするようですよ。
正面に雨乞岳が見え、鈴鹿山地が一望できる眺めの良さです。
登山道はとても整備されているので、登りやすいですよ。私が「やまびと」で初めて登った、記念すべき山です。


Commented by 三重、津、山ねずみ at 2009-02-12 01:41 x
きむきむさんお久しぶり、
でもブログは毎日チェック?してるよ。ハハハ、、、
それで綿向山!山ねずみも暮れの30日と1月18日に行きましたが18日は
綿向山の樹氷まつりでしたが結構、樹氷?か霧表?かただの積雪か?が見えました。
それに18日は山ねずみも綿向から竜王まで縦走しました。
また遊楽会の登山にも参加してください。よろしく!
Commented by kimukimulife at 2009-02-12 02:02
山ねずみ様!コメントありがとうございます。
私も毎日山ねずみさんのHPをチェックしてます〜。
チャンスあらば、といつも見ているんだけど、南の山は遠い気がして・・・でも、綿向の時に関宿への行き方を調べてて、高速使えばけっこう早く行けるんだ、、、と思いました。(でも、やまねこさんに同乗させてもらっちゃいましたが。)結婚してからいつも運転手付きだったので、方向音痴が進み、自信がないのです〜。またご一緒させて下さいね。
Commented by 山熊 at 2009-02-12 19:02 x
きむきむさんへ。
早速のお返事ありがとうございます。
標高のわりには登り易そうで、素敵な山みたいですね。
熊公でも登れそうでしょうか?
もし、機会がありましたら連れて行って欲しいです!
Commented by kimukimulife at 2009-02-14 00:45
山熊さん、もちろん登れますとも!
また例会で登る機会があると思いますよ!
たくさん雪が降ったら、私もまた行ってみたいです〜
Commented by 山熊 at 2009-02-21 04:48 x
きむきむさんこんにちは。
細部までわかる楽しいレポ、楽しく読ませて頂きました。
1110mとのことですが、登山道が整備されていて登り易そうに感じられました。新緑の季節も綺麗な景色なんでしょうね。
羨ましいデス!特に15日に無残な敗退をして同行者にご迷惑をおかけした熊公はレポを読ませて頂いてチョッピリ自分を行った気分になりました。
綿向山、例会で登りたいです。
Commented by kimukimulife at 2009-02-21 23:14
山熊さん、足はもう大丈夫ですか?鎌のカズラ谷は大変でしたか?綿向山の新緑の頃は知りませんが、そのうち例会で行くんじゃないかな?今日は電車で三峯山まで一人で行ってきました〜
<< びよら修行も8年目に・・・ 西本智美&ロイヤルチェンバーオ... >>