藤原岳

1月18日(日)

今年初めての鈴鹿は、やはり藤原からだった。
避難小屋から展望台への道で、初めて樹氷を見たときの感動は今も覚えている。






しかし、今年は暖冬で樹氷が見られる条件になかなかならない。というか、樹氷がつく時にタイミングよく山に行けない、と言うべきか。

「チャンス到来!」というときにさっと出かけられる家庭環境も才覚もないから、仕方ない。

ともあれ、今年初の例会に心は浮き立っていた。
さあ出発、というときに、リーダーの酒蔵さんに電話で急用が入り、行けないことになってしまった。残念だけれど、仕方がない。そこで、用意していただいていた食料などをみんなのリュックに詰め替えた。

さとしさんが代わりのリーダーとなって、大貝戸の登山口から歩き始める。

e0058731_0153356.jpg


このあたり、まだ雪はない。

e0058731_0163020.jpg


少し歩き始めたところで、一人体調が悪いということで下山することになり、足の強い3人が付き添って下りることになった。送って行って、すぐに登り返してくるわけだ。

だから、ゆっくり登ることにする。四合目辺りでうっすらと雪が。

e0058731_0165697.jpg


アイゼンをつけたら雪がなくなってしまい、早くつけすぎたかな?と思ったが、しばらくすると、もうこんなに雪が。

e0058731_0172991.jpg


e0058731_0221714.jpg


八合目で、少し腹ごしらえ。朝が早いので、お腹がすく。

e0058731_0233759.jpg


小屋が見えて来た。

e0058731_0242860.jpg


山頂方面。この頃はまだよく見えていた。

e0058731_0235299.jpg


小屋は満員かな?と心配していたが、ちょうど席が空いていた。
さっそく、ランチに。山熊さんの特製カレーに、酒蔵さん差し入れの甘酒、やまねこさんは干し柿を焼いて下さった。暖まる〜

e0058731_0261271.jpg


時間が遅くなり、展望も望めないので昼食が済んだあと、すぐに下ることにした。
得意のシリセード。

e0058731_0265713.jpg


ここは、冬道だそうです。

e0058731_0293539.jpg


下がよく見えた。

e0058731_029142.jpg


シリセードをしてて、小さいポットを落としてしまった。下山してから気付いたので、どうしようもない。今日は、いろいろアクシデントがあったが、最後はこれか〜

お風呂へは行かずに解散となったので、名古屋に戻ってから家の近くの大名古屋温泉に寄り、なくしたポットと色違いの同じポットを買い、帰宅した。

樹氷は見られなかったが、鈴鹿の雪を踏みしめることができ、今日は満足だった。
by kimukimulife | 2009-01-19 23:46 | | Comments(0)
<< ランラン ピアノリサイタル ヒラリー・ハーン ヴァイオリン... >>