上高地〜中の湯〜西穂独標

1月5日(月)

2日目 西穂独標

次の日は、新穂高ロープウェイで上がり、西穂山荘へ行く。条件がよければ、丸山そしてさらに先の独標へ行く予定だが、それは天候次第。





なるべく早く宿を出たいが、朝食は7:30から。それでは、ロープウェイの8:30の始発に間に合わないが、ロープウェイは15分間隔で出るとの宿のご主人の言葉に、それならいいか、と朝食を済ませて出発。ところが、実際は9:00のに乗り遅れ、乗ったのは9:30だった。

モンベルクラブのカードを見せて、割引料金で往復のチケットを買う。

e0058731_22501360.jpg


ほとんどの人は展望台へ。私たちは登山届けを出して、西穂山荘へ向かう。

e0058731_2250368.jpg


道は踏み固められて、歩きやすい。

e0058731_2252585.jpg


午前中は晴れの予報の通り、青空が見える。

e0058731_22525153.jpg


山荘までは、1時間半ほどか?

e0058731_22534047.jpg


あそこまで、行けるかな?

e0058731_22541377.jpg


e0058731_22544835.jpg


e0058731_2255215.jpg


e0058731_22554748.jpg


山荘に到着。

e0058731_225612.jpg


え?山荘でお昼じゃないの?こっちへ行くの?

e0058731_22563443.jpg


まだ、この頃は天気はいい。が、すごい風だ。

e0058731_22571446.jpg


あの独標までほんとに行くの〜?

e0058731_22582760.jpg


まだ、先は長いなあ、、、それにガスってきたし、、、

e0058731_22591994.jpg


歩けど歩けど、まだ遠い、、、

e0058731_22595692.jpg


標識が見える。あんなとこまで上がれるのかなあ、、、

e0058731_2304170.jpg


両側は谷。滑ったら、どこまでも落ちて行く。

e0058731_2313297.jpg


とに、もう、、、こんなつもりじゃなかったのに〜

e0058731_2323054.jpg


眼鏡が曇って、ときどき前が見えなくなり、怖い。

e0058731_2331187.jpg


それでも、なんとか、、、

e0058731_234795.jpg


登りきりました。

e0058731_2343625.jpg


ガスで、展望はない。やはりもっと早く来なくちゃ。

e0058731_2351997.jpg


さっきすれ違った人たちが、もうあんなところに。

e0058731_23556100.jpg


この先は、ピラミッドピーク、そして、西穂へと続く。私たちには、とても無理。

e0058731_2365481.jpg


さあ、もたもたしてると帰りのルートを見失う。早く下ろう。

e0058731_2375823.jpg


岩が凍っていてがりがり。でも、藤内沢でIさんに言われた「道具を信頼して」という言葉を思い出し、アイゼンに体重を乗せて慎重に下って行く。

e0058731_2384612.jpg


岩についた氷は、ピッケルで叩いても簡単には割れない。

e0058731_2311899.jpg


e0058731_23124260.jpg


とにかく慎重に、、、

e0058731_2313650.jpg


やっと小屋が見えた。

e0058731_23134429.jpg


この頃には雪が降り始めている。

e0058731_23141786.jpg


あとは、来た道をひたすら戻る。

e0058731_2315355.jpg


槍ヶ岳開山の祖、播磨上人の碑。

e0058731_23154596.jpg


ようやくロープウェイ駅に。展望台にはもう誰もいない。私たちが最後のようだ。

e0058731_23185970.jpg


帰りは、去年と同じ「だるまの湯」に寄って帰って来た。
それにしても、しんどかった〜。昨年に続いて、2年連続で行った独標。
もう、いいでしょう?行くなら、最高の天気のときに。視界不良のときは、怖い。
八方尾根でも、遭難があったし、無理は禁物だ。

主人に、そう言ったら、「そうだなー」と。ほんとにそう思ってくれたのかな?
by kimukimulife | 2009-01-07 23:26 | | Comments(8)
Commented by 三重、津、山ねずみ at 2009-01-08 18:23 x
きむきむさん、凄いなあ?
山ねずみも雪山でも西穂なら何とか行けるかなあ?と思って去年の3月始めに
一人で出かけたけど丸山まで行ってその先はガスっていたので行ってもしょうがない!と思って丸山から引き返しました。
それで今でも雪の西穂に行ってみたい!と憧れているんですが?
せめて西穂山荘まででも行って西穂の気分?を味わいたいと思っているんですが?
冬の上高地は山ねずみも4年?くらい前に岐阜の山仲間に連れて行ってもらいました(10人で)
Commented by kimukimulife at 2009-01-09 00:04
山ねずみ様、こんばんは!
今年も、よろしくお願いします。

西穂は、去年も今年も中の湯から行ったのですが、また行くなら、今度は麓の温泉に泊まって、始発のロープウェイで上がりたいです。そして、午前中に独標まで行けば、もっと展望がいいと思うのです。もちろん、お天気がよければ、ですが。

ガスっているとすぐ先が見えなくて、滑落が怖いです。
今回も、突風が吹いたらどうしよう、とか、バランスを崩して滑落したら助からないな、とか考えながら歩いていました。

独標の上は、不思議と風は強くないんです。でも、山荘からそこまでが、すごい風で、気持ちが萎えそうでした。
あんなとこまで行かなくたって、雪山は登れるのにね。
でも、樹氷のきれいな高見山や三峰山は、名古屋からだと遠いんでしょうね。融ける前に見るためには、5時くらいに出なきゃだめでしょうか?
Commented by taketombow at 2009-01-10 11:35
今年の年末年始は雪も少なく天候にも恵まれ快適な山行ができたようですね。知人が聖岳へ行った知人のBLOGを見るとあっけないほど雪が少なく好天でした。鈴鹿の方が遙かに雪が多かったようです。流石に気温は相当だったようですが。
 西穂山荘というと昔食べた美味しいラーメンを思い出します。この季節、熱々のラーメンを腹に流し込んだら良いでしょうね。

 さて、三峯山ですが、分かり難くかなり細い道をくねくねと走ることになりますので、近鉄・奈良交通霧氷バスの組み合わせがお勧めです。近鉄名古屋6時31分発中川行き急行が、榛原駅からシーズンの土日祝日のみ運行している「霧氷バス」に連絡しています。帰りは道の駅にある温泉経由の便もあり、名古屋着が午後7時頃になります。
 ただ、山頂は風が強く相当に寒いですよ。
 先日、御杖村住民生活課(0745-95-2001)に問い合わせたところ、今年は、1月10日が山開きで、霧氷は見事だとのことでした。
Commented by kimukimulife at 2009-01-10 23:58
taketombow様!
貴重な情報、ありがとうございます!
キムミニは、車高が低いので、山道は自信がありません。
(今まで何度かマフラーをひっかけて落としたことがあるので)
「近鉄〜霧氷バス」さっそく調べてみます!
Commented by taketombow at 2009-01-12 20:06
もし、ご主人の運転で行かれるのなら、綿向山が今見事です。
昨日行ってきたので、写真を貼っておきました。
http://tombow.exblog.jp/9189482/
三峯山への公共交通機関については、自分で行くためにかなり詳しく調べてあります。職場に置いてありますから、後日、ここへ書き込みますね。

Commented by KIMUKIMULIFE at 2009-01-12 22:33
taketombow様!
ブログ拝見しました。樹氷がきれいですね!
綿向山は、3年ほど前に入った山の会で最初に行った山です。
10月だったので雪はありませんでしたが、樹氷がきれいな山だとは知っていました。機会があったらぜひ行ってみたいです。
参考にさせていただきます。ありがとうございました!
Commented at 2009-01-13 17:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kimukimulife at 2009-01-13 21:50
ありがとうございました!詳しく教えていただき、感謝いたします。
<< チェロと過ごす日曜日〜中部フィ... 上高地〜中の湯〜西穂独標 >>