上高地〜中の湯〜西穂独標

1月5日(月)

2日目 西穂独標

次の日は、新穂高ロープウェイで上がり、西穂山荘へ行く。条件がよければ、丸山そしてさらに先の独標へ行く予定だが、それは天候次第。





なるべく早く宿を出たいが、朝食は7:30から。それでは、ロープウェイの8:30の始発に間に合わないが、ロープウェイは15分間隔で出るとの宿のご主人の言葉に、それならいいか、と朝食を済ませて出発。ところが、実際は9:00のに乗り遅れ、乗ったのは9:30だった。

モンベルクラブのカードを見せて、割引料金で往復のチケットを買う。

e0058731_22501360.jpg


ほとんどの人は展望台へ。私たちは登山届けを出して、西穂山荘へ向かう。

e0058731_2250368.jpg


道は踏み固められて、歩きやすい。

e0058731_2252585.jpg


午前中は晴れの予報の通り、青空が見える。

e0058731_22525153.jpg


山荘までは、1時間半ほどか?

e0058731_22534047.jpg


あそこまで、行けるかな?

e0058731_22541377.jpg


e0058731_22544835.jpg


e0058731_2255215.jpg


e0058731_22554748.jpg


山荘に到着。

e0058731_225612.jpg


え?山荘でお昼じゃないの?こっちへ行くの?

e0058731_22563443.jpg


まだ、この頃は天気はいい。が、すごい風だ。

e0058731_22571446.jpg


あの独標までほんとに行くの〜?

e0058731_22582760.jpg


まだ、先は長いなあ、、、それにガスってきたし、、、

e0058731_22591994.jpg


歩けど歩けど、まだ遠い、、、

e0058731_22595692.jpg


標識が見える。あんなとこまで上がれるのかなあ、、、

e0058731_2304170.jpg


両側は谷。滑ったら、どこまでも落ちて行く。

e0058731_2313297.jpg


とに、もう、、、こんなつもりじゃなかったのに〜

e0058731_2323054.jpg


眼鏡が曇って、ときどき前が見えなくなり、怖い。

e0058731_2331187.jpg


それでも、なんとか、、、

e0058731_234795.jpg


登りきりました。

e0058731_2343625.jpg


ガスで、展望はない。やはりもっと早く来なくちゃ。

e0058731_2351997.jpg


さっきすれ違った人たちが、もうあんなところに。

e0058731_23556100.jpg


この先は、ピラミッドピーク、そして、西穂へと続く。私たちには、とても無理。

e0058731_2365481.jpg


さあ、もたもたしてると帰りのルートを見失う。早く下ろう。

e0058731_2375823.jpg


岩が凍っていてがりがり。でも、藤内沢でIさんに言われた「道具を信頼して」という言葉を思い出し、アイゼンに体重を乗せて慎重に下って行く。

e0058731_2384612.jpg


岩についた氷は、ピッケルで叩いても簡単には割れない。

e0058731_2311899.jpg


e0058731_23124260.jpg


とにかく慎重に、、、

e0058731_2313650.jpg


やっと小屋が見えた。

e0058731_23134429.jpg


この頃には雪が降り始めている。

e0058731_23141786.jpg


あとは、来た道をひたすら戻る。

e0058731_2315355.jpg


槍ヶ岳開山の祖、播磨上人の碑。

e0058731_23154596.jpg


ようやくロープウェイ駅に。展望台にはもう誰もいない。私たちが最後のようだ。

e0058731_23185970.jpg


帰りは、去年と同じ「だるまの湯」に寄って帰って来た。
それにしても、しんどかった〜。昨年に続いて、2年連続で行った独標。
もう、いいでしょう?行くなら、最高の天気のときに。視界不良のときは、怖い。
八方尾根でも、遭難があったし、無理は禁物だ。

主人に、そう言ったら、「そうだなー」と。ほんとにそう思ってくれたのかな?
by kimukimulife | 2009-01-07 23:26 |
<< チェロと過ごす日曜日〜中部フィ... 上高地〜中の湯〜西穂独標 >>