瓢ヶ岳

9月14日(日)

山の会でリーダーをすることになった。
自分で行ける山は、御在所くらいしかないのに、先日のゲリラ豪雨で鈴鹿は大変なことになっている。



そこで、岐阜の方で手頃な山はないかといろいろ探し、瓢ヶ岳に下見に行くことにした。

登山口は、美濃ICから30分ほどの片知渓谷のふくべの森。

e0058731_23172115.jpg


この上にも広い駐車場があるが、トイレのある手前の駐車場に車を停める。一台も車はいなかったが、支度をしている間に3台ほど来た。

e0058731_23194135.jpg


e0058731_2320192.jpg


e0058731_23201742.jpg


登り口は、駐車場から少し戻ったところ。登山口は他にもあるようだったが、ここがいちばんわかりやすそうだったので、ここから登る。

出発は、ちょうど9:00。

e0058731_23213588.jpg


e0058731_23215128.jpg


石畳のような道を登って行く。

e0058731_2322336.jpg


と、分岐に出た。

e0058731_23231864.jpg


左が一般路、右に岳不動があるが、岩場で危ないので左へ行く方がいいようなことが書いてある。しかし、右に行くことにする、左のルートは下りに使えばいい。

e0058731_23233433.jpg


大きな岩がある。

e0058731_23255036.jpg


e0058731_23261660.jpg


e0058731_23263911.jpg


急な道を登りきったところに、目印のようにある岩。この岩にちなんで、「立ち岩ルート」という名前がつけられているのかな?ここが、9:30。

e0058731_2327875.jpg


そこから歩きやすい道をしばらく行くと分岐がある。一般路との合流点だ。9:40。

e0058731_23285728.jpg


案内図がかかっている。

e0058731_2333451.jpg


ここからは、骨ヶ平をめざす。

e0058731_2336838.jpg


沢を渡ったり、植林帯を行ったり。目印がしっかりしているので、迷うことはない。

e0058731_23375524.jpg


e0058731_2339397.jpg


10:05。骨ヶ平(骨ヶ原)だ。

e0058731_23393699.jpg


南岳の方に行ってみることにする。

e0058731_2341022.jpg


歩きやすそうな道、と思いきや、、、

e0058731_23413552.jpg


背丈の高い笹に覆われて、登山道が見えないほど。つまづいて転ばないように歩く。
途中に展望のきく場所があると、ガイドブックにあったが、ガスっていてよくわからない。頂上らしくない、頂上。

e0058731_23415576.jpg


すぐに引き返す。

e0058731_23431240.jpg


骨ヶ平に着いて、瓢ヶ岳の方へ。南岳への往復はちょうど30分かかった。

e0058731_2345916.jpg


次の分岐まで15分。

e0058731_23481043.jpg


奥瓢ヶ岳はあとにして、まず山頂に行くことにする。

e0058731_23501325.jpg


11:00、山頂。

e0058731_23511282.jpg


ちょっとした広場になっている。お天気がよければ、展望がきくのだろうが、今日はガスっていてあまり見えない。

e0058731_23524753.jpg


奥瓢ヶ岳へ。ここも、山頂らしくない山頂。分岐から、15分だ。

e0058731_23534652.jpg


さあ、あとは下るだけ。

e0058731_23552463.jpg


分岐で、一般路の方へ。

e0058731_23561495.jpg


12:45、登山口に戻って来た。

e0058731_2358419.jpg


e0058731_23594614.jpg


このあたりは、巨岩がごろごろしていて、ボルタリングをしている人たちもいた。
滑り止めが白くついている岩。

e0058731_005981.jpg


帰りは、「石の湯」というところへ寄ったが、ここは岩盤浴が主体で、お湯のお風呂は小さかった。

e0058731_013138.jpg


登り1時間半、下り1時間10分ほどの山だったが、岳不動への急登は結構きつく、下りの一般路は沢沿いの樹林帯の気持ちのいい道で、変化に富んだなかなか面白い山だった。これで、展望がきき、紅葉がきれいなら言うことはないだろう。
by kimukimulife | 2008-09-24 00:01 | | Comments(0)
<< 白草山・箱岩山 ストラディヴァリウス・コンサート >>