蝶ヶ岳〜常念岳

8月16日(土)・17日(日)

この縦走は昨年行くはずだったものだが、三股の登山口までの道が崩れて通れなくなっていたため、昨年は一の沢から常念岳にだけ登ったのだった。






その後、三股への道が開通したとのことで、やっとこの夏、念願の三角登山に行くことができた。

山の会のMORIさんのレポで、蝶ヶ岳からの雄大なパノラマ写真を見てから、いつかきっと行こうと思っていた。ガイドブックを見ると、このコースは2日目が長くて大変だとあったが、1日目の午後に天候が崩れるが2日目は晴れるとの予報だったので、このコースにした。

金曜の夜、食事と入浴を済ませて出発。昨年と同じく梓川SAで車中泊の予定だったが、帰省からのUターンの人で混雑していたため、三股の駐車場まで行くことにした。

着いたのが、11:30頃。ビールを飲んで、すぐに寝る・・・。車の中は暑くて、寝苦しかったが、わりに早く眠りについた。が、主人の方は、、、私のイビキがうるさくて(?)ほとんど眠れなかったと言っていた。(でも、寝息が聞こえていたけど?)

明け方は、寒くて目が覚めた。駐車場には他にも車がたくさん停まっており、すでに登山の支度をしているグループもあった。私達も、朝食を急いでとり、支度をして5:45出発。

e0058731_22224612.jpg


e0058731_2223676.jpg


登山口で登山届けを出す。

e0058731_22231930.jpg


e0058731_22235549.jpg


蝶ヶ岳の方へ。

e0058731_2224823.jpg


センジュガンピ

e0058731_22244589.jpg


橋を渡って、、、

e0058731_2225726.jpg


最後の水場

e0058731_2225334.jpg


e0058731_22255560.jpg


アキノキリンソウ?

e0058731_22301682.jpg


ゴゼンタチバナの実

e0058731_22365121.jpg


あそこへ行くのかな?

e0058731_22372411.jpg


カニコウモリ

e0058731_22381143.jpg


約2時間でまめうち平に到着。

e0058731_22384736.jpg


2000m地点。ほぼ、中間かな?

e0058731_22394675.jpg


道は整備されていて歩きやすい。ゆっくりペースで登って行く。

e0058731_22404747.jpg


ギンリョウソウ

e0058731_22415348.jpg


キヌガサソウ。花はもう終わりがけ。

e0058731_22421537.jpg


約3時間で蝶沢。

e0058731_22425824.jpg


ヒメシャジン?

e0058731_22435235.jpg


ゴゼンタチバナ

e0058731_22564899.jpg


アカショウマ?

e0058731_22573612.jpg


3時間45分で旧ベンチ到着。

e0058731_2301624.jpg


サンカヨウの実

e0058731_2314994.jpg


カラマツソウ

e0058731_2333597.jpg


クルマユリ

e0058731_234734.jpg


ミヤマキンポウゲ

e0058731_2343664.jpg




e0058731_2354878.jpg


オニシモツケ?

e0058731_2364238.jpg


e0058731_2315911.jpg


4時間半で最終ベンチに。

e0058731_2316213.jpg


ハクサンフウロ

e0058731_23171712.jpg


サラシナショウマ

e0058731_23174239.jpg


ブルーベリー?

e0058731_23224338.jpg


エゾシオガマ?

e0058731_2328420.jpg


ウサギギク

e0058731_23293424.jpg




e0058731_23313292.jpg


リンドウ

e0058731_23333643.jpg


これは、やっぱりブルーベリー?

e0058731_23351632.jpg


味もやっぱりブルーベリー

e0058731_23361942.jpg


イブキトラノオ

e0058731_21234859.jpg




e0058731_21241134.jpg


約5時間で、大滝山への分岐。

e0058731_21405877.jpg


ミヤマアキノキリンソウ

e0058731_21432758.jpg


お花畑

e0058731_21462916.jpg


ベニバナイチゴ

e0058731_214783.jpg


ヨツバシオガマ

e0058731_21474033.jpg


キヌガサソウの群落

e0058731_21491362.jpg


開けた尾根に出た。

e0058731_21494695.jpg


コケモモ

e0058731_2151084.jpg


e0058731_21523640.jpg


蝶ヶ岳ヒュッテが見えた。歩き始めて5時間半。

e0058731_21544363.jpg


ホソバトリカブト

e0058731_21562718.jpg


蝶ヶ岳の頂上に。バックは、素晴らしい穂高連峰。ずっと思い描いていた大パノラマを目の当たりにして、しばらく声も出ない。

e0058731_22413511.jpg


常念や大天井が見える。

e0058731_2235013.jpg


今回の山行のルート。三股〜蝶ヶ岳〜常念岳〜前常念岳〜三股。

e0058731_2243439.jpg


三角点。風が強い。

e0058731_226266.jpg


蝶ヶ岳ヒュッテの入り口。

e0058731_2264114.jpg


ゆっくりゆっくり登って、だいたい6時間で到着。ゆっくりペースだったのは、主人の体調が今ひとつだったからだ。朝から気分が悪かったらしく、昼食も摂らずに寝てしまった。次の日にすぐに下りねばならないかとも思ったが、夕食は食べられたようで、朝になったら回復したようだった。

次の日は曇っていたが、雲の上にご来光が見えた。

e0058731_2273374.jpg


ヒュッテの内部。

e0058731_22174292.jpg


6時。さあ、出発!

e0058731_22242653.jpg


蝶槍へ。

e0058731_22262434.jpg


蝶槍。

e0058731_22272076.jpg


このあたりには、ホシガラスがたくさんいた。

e0058731_22295347.jpg


トウヤクリンドウ

e0058731_22303923.jpg


マルバダケブキ

e0058731_2231454.jpg


シモツケソウ

e0058731_22313896.jpg


ヤマハハコ

e0058731_22335262.jpg


シシウド

e0058731_22431054.jpg


ウメバチソウ

e0058731_22432695.jpg


e0058731_22435131.jpg


ミヤマコゴメグサ

e0058731_2247592.jpg


シナノオトギリ?

e0058731_2253157.jpg


常念へ。いくつかのピークを越えて行く。

e0058731_22534829.jpg


e0058731_22543471.jpg


雨が降ったりやんだり。

e0058731_003264.jpg


e0058731_01775.jpg


なかなか着かない。

e0058731_011945.jpg


やっと山頂が見えてきた。

e0058731_013589.jpg


歩き始めて4時間。山頂は結構な人数の人がいた。

e0058731_02188.jpg


e0058731_032233.jpg


まだ先は長いので、すぐに下る。三股への分岐。

e0058731_033713.jpg


しかし前常念の方へは行かずに、常念小屋へ下ることに、、、。私がトイレに行きたかったからだが、主人は2時間のロスになると怒っていた。ザックを置いて、私だけ行くと言ったが、結局一緒に下る。

e0058731_042922.jpg


また、ここを登るのか〜、と、嫌そうな主人。

e0058731_064528.jpg


結局は、残雪期は通行禁止の山腹を巻いて前常念に行く道を行くことにする。
ところが、これが、大変な道だった。30センチほどの幅の道の左側は崖。木の根は多いし、雨で滑るし、何度もひやっとした。

e0058731_084177.jpg


たくさんあったブルーベリーを食べたり、かわいいこんな実に癒されながら、がんばって歩く。

e0058731_0101871.jpg


e0058731_0112125.jpg


ときどき、晴れ間が。

e0058731_0113495.jpg


前常念への尾根が見えて来た。

e0058731_0114728.jpg


と、そこへ雷鳥が。

e0058731_0124586.jpg


岩陰に隠れている。

e0058731_0132020.jpg


つがいだろうか、2羽いる。

e0058731_013504.jpg


e0058731_0141988.jpg


e0058731_0143270.jpg


e0058731_0155453.jpg


やっと尾根に出た。

e0058731_0144731.jpg


と思ったら、どうも、通っちゃいけない道だったような・・・

e0058731_0162951.jpg


前常念岳に進む。

e0058731_0171037.jpg


e0058731_0175492.jpg


e0058731_0184734.jpg


歩き始めて6時間。前常念の山頂には標識がない。

e0058731_018971.jpg


少し下ると、避難小屋のような小屋があった。

e0058731_0194027.jpg


e0058731_0202513.jpg


e0058731_0204022.jpg


あとは、ひたすら下るだけ。

e0058731_0205619.jpg


やっと標識が。歩き始めてから9時間近くたっている。

e0058731_0214358.jpg


いやになるほど長い下りを終えて、やっと三股に戻ってきた。

e0058731_023188.jpg


もう登山口の小屋には誰もいなかったが、下山届けを書いてポストに入れておく。

e0058731_02457.jpg


やっと駐車場へ。11時間くらい歩いてた?長かった〜〜〜

e0058731_0251592.jpg


このあと、近くの温泉に入り帰路についた。高速はUターンラッシュと事故で渋滞。何時に家に着くかわからないので、いつもの下呂の常宿に行って疲れを癒してから、次の日に帰った。

お天気が今ひとつで、蝶からのパノラマが「カンペキ」には見えなかったものの、その雄大さは私を十分感動させてくれた。常念から三股へ下りる道も、一度は歩いてみたかったので、満足できた。また、雷鳥を間近に見ることができたのも収穫だった。
ただ、常念小屋へ寄ったこともあり、2日目は長い行程となって、足の爪を痛めてしまった。靴下の選択を誤ったのもいけなかった。靴擦れができたのだ。また、滑りやすかったこともあって、足元が気になり、上からかぶさっている岩に気付かず、はね返されて脛を岩角にぶつけて切ってしまった。

主人も睡眠不足で体調不十分だったようだし、いろいろと反省点もある山行となった。

蝶ヶ岳は日帰りでも行ける山だということがわかったので、今度はぜひ天気のいいときに登りたいと思った。
by kimukimulife | 2008-08-19 23:38 | | Comments(4)
Commented by 三重、津、山ねずみ at 2008-08-20 18:03 x
やったね!
蝶~常念行ってきたんだね!16~17は天気も良かったでしょうからいい登山が出来たでしょうね。
つづきのレポ楽しみにしています。
Commented by kimukimulife at 2008-08-20 22:32
行く前にはいろいろ教えていただき、ありがとうございました。山ねずみさんがおっしゃったように、こっち回りは2日目が長かったです〜。おかげで、久しぶりの筋肉痛。おまけに、両足の爪を痛めてしまいました〜。早く治す方法をご存知でしたら教えて下さい〜。それにしても、白馬の事故はショックでした。MORIさんたちが無事に下りて来られて本当によかったです。
Commented by 三重、津、山ねずみ at 2008-08-24 18:12 x
蝶~常念縦走三角登山の後編レポ拝見!
いろいろ大変な事もあったようで、ご苦労さん、お疲れさん。
常念小屋~前常念へのトラバース道!
山ねずみが最初に登った時に新しく建設?されたばかりの道で山ねずみも通ってきました。
でも次に行った時はもう通行止になっていました。
良く通行出来ましたね!
常念岳から常念小屋に下りると言った時の旦那様のボヤキ?解るなあ~
(トイレくらい藪の中でしろよ!)ハハハ、、、
Commented by kimukimulife at 2008-08-24 22:04
山ねずみ様、赤岳登山は残念でしたね。実はきむきむ夫婦も金曜の夜から奥穂登山に出発する予定でしたが、天気がよくなかったのでやめて、土曜日の午後からいつもの下呂〜高山に行ってきました。今日は雨ではなかったのでちょっと心残りでしたが、まだ足の傷が痛いのでちょうど良かったかな?常念小屋から前常念までのトラバース道は、今までの登山経験の中で一番恐怖を感じた道でした。通行禁止だから荒れていたんですね〜。ちょっと気を抜いたら滑落するような気がしました〜。でも、滑落したら、あいつはトイレのために落ちたと、ずっと言われるだろうと思い、根性で歩きました!前常念からの下りは長かったです〜。遊楽会はあそこを登るんですよね。登りに使った方が長さを感じないかもしれませんね。でも、前常念から薮トイレ(?)までは、かなり歩かなくちゃいけないでしょう?やはり逆コースだったからいけなかったんでしょうか〜?
<< エリザベート 劔・立山 >>