劔・立山

8月1日(金)〜8月3日(日)

1日目:室堂〜剣山荘

一昨年、白馬に登ったときにその荘厳な姿が目に焼き付いていた「劔岳」。




いつかは登りたいと思いながら、その急峻さゆえに自分には無理なような気もしていた。
山の会では一昨年から有志が挑戦すべく計画をたてていたが、天候に恵まれず実現までには至っていなかった。

そして、今年。また自主トレで計画されたのだった。しかも、立山縦走とのセットで。
主人も「劔は行きたい」ということで参加することになり、総勢11名で行くことになった。金曜日は年休をとり、早朝から車で出発。桑名組と長良川SAで合流し、立山に車を置いてロープウェイ乗り場へ向かったのが、だいたい11時。

e0058731_17283850.jpg


かなりの斜度をぐんぐん上がっていく。

e0058731_17302048.jpg


さらにバスに乗り継ぎ、約50分で室堂へ。

e0058731_17344059.jpg


ターミナルが見えてきた。

e0058731_17353312.jpg


「玉殿の湧水」の前は大勢の人だかり

e0058731_17364523.jpg


「ホテル立山」は、子どもが小さい時に家族6人で泊まった思い出の宿

e0058731_17384610.jpg


看板を見て、歩くルートを確認。

e0058731_1740993.jpg


まさに別天地の景色

e0058731_17404048.jpg


まだ(?)元気な私

e0058731_1741527.jpg


この景観は国の宝

e0058731_17414012.jpg


本当に素晴らしい

e0058731_17421879.jpg


地獄谷

e0058731_17425250.jpg


さあ、いよいよ散策路から登山道だ。まずは雷鳥沢へ。

e0058731_1744117.jpg


さっそく雪渓が出てきた。

e0058731_17445053.jpg


残雪はまだまだ多い。

e0058731_1745356.jpg


空気が薄いからか、バテ気味の私。休憩をお願いして息を整える。いつも、登り始めはきつい。

e0058731_17467100.jpg


景色がきれいなので、みなさん気長に待ってくださる。

e0058731_17475793.jpg


そうこうしているうちに3:30に劔御前小屋に到着。

e0058731_17485619.jpg


劔御前には登らないで、、、

e0058731_17531562.jpg


トイレを借りる。

e0058731_17561186.jpg


劔は見えそうで見えない。

e0058731_1756261.jpg


さらに進む。

e0058731_17565354.jpg


e0058731_17571840.jpg


e0058731_17574613.jpg


e0058731_1758550.jpg


劔沢小屋が見える。明日の宿だ。

e0058731_17582214.jpg


e0058731_17583858.jpg


e0058731_17585661.jpg


e0058731_17591125.jpg


劔沢の雪渓は、白馬と同じく日本三大雪渓の一つらしい。

e0058731_17592513.jpg


今日の宿の剣山荘が見えてきた。

e0058731_1803338.jpg


いよいよ剣山荘へと下る。

e0058731_1811741.jpg


e0058731_2125925.jpg


e0058731_21252312.jpg


劔が見えて来た。

e0058731_21255010.jpg


まるで、ここまでがんばって歩いてきたご褒美のように。

e0058731_2128357.jpg


e0058731_21373547.jpg


剣山荘に到着。

e0058731_21301572.jpg


歩いて来た道を振り返る。

e0058731_21331317.jpg


劔に一番近いこの山荘は、とてもきれいでシャワー付き。トイレも簡易水洗。ベッドの一人分のスペースも十分で、快適だった。夕食のメニュー。

e0058731_21381445.jpg


きれいな食堂。

e0058731_21383295.jpg


夕食の後は、お決まりの反省会。テラスで乾杯し、暗くなるまで山の話で盛り上がったのだった。遠くに見えるのは、劔沢小屋の灯り。いよいよ明日は、劔に挑む。高鳴る胸を押さえ、8時前に布団に入った。お酒と安定剤のおかげか、この日はすぐに眠りについた。

e0058731_21402053.jpg


2日目:剣山荘〜劔〜劔沢小屋

次の日は3:30起床。お弁当の朝食をとり、いよいよ劔を目指す。

e0058731_0584731.jpg


小屋の裏手から劔へ。

e0058731_059574.jpg


厳しい岩場の連続で、緊張を強いられる。

e0058731_103093.jpg


途中でご来光を拝む。今日も天気はよさそうだ。

e0058731_11157.jpg


e0058731_11569.jpg


e0058731_121952.jpg


e0058731_123015.jpg


e0058731_125085.jpg


e0058731_13364.jpg


e0058731_131612.jpg


e0058731_133019.jpg


e0058731_134252.jpg


e0058731_135474.jpg


e0058731_14713.jpg


e0058731_142381.jpg


e0058731_143626.jpg


e0058731_145052.jpg


あれが、「かにの縦ばい」だ。

e0058731_15564.jpg


e0058731_152069.jpg


e0058731_153381.jpg


e0058731_154832.jpg


いよいよ「かにの縦ばい」にとりかかる。

e0058731_173274.jpg


e0058731_17532.jpg


e0058731_182546.jpg


e0058731_18404.jpg


e0058731_185697.jpg


e0058731_19841.jpg


e0058731_192099.jpg


e0058731_193527.jpg


e0058731_194749.jpg


e0058731_110030.jpg


e0058731_1101712.jpg


e0058731_1103594.jpg


先に登って余裕のある(ふりの?)私。

e0058731_1104721.jpg


ついに頂上です。

e0058731_1113031.jpg


富士山も見える。

e0058731_22544850.jpg


素晴らしい景色。笠ヶ岳の向こうにこの間登った乗鞍が見える。

e0058731_22553214.jpg


e0058731_2255495.jpg


頂上の祠をきれいに直していた。

e0058731_2258724.jpg


去年行った槍も見える。

e0058731_2305520.jpg


頂上のこの賑わい。

e0058731_2312792.jpg


さあ、景色を堪能したら下ろう!下りも厳しそう!

e0058731_231586.jpg


「かにの横ばい」だ。

e0058731_2325189.jpg


思ったより短い。

e0058731_233575.jpg


はしごもある。

e0058731_2331814.jpg


e0058731_2332969.jpg


e0058731_2334090.jpg


e0058731_233536.jpg


祠を直していた人たちのベースキャンプかな?

e0058731_234573.jpg


e0058731_2345418.jpg


e0058731_235743.jpg


あんなとこを下って来たんだ〜〜〜

e0058731_2392069.jpg


あれは、「かにの縦ばい」?恐ろしや〜〜〜

e0058731_23103730.jpg


よく行って来られたもんだ・・・

e0058731_23121129.jpg


いや、まだ終わったわけではありません。まだまだ、厳しい道は続きます・・・

e0058731_2312263.jpg


e0058731_23133138.jpg


あんなとこをホントに歩いたのかしらん。

e0058731_23134477.jpg


e0058731_23135980.jpg


e0058731_23143975.jpg


前劔にトウヤクリンドウがきれいに咲いていた。今までは.花どころではなかったのです〜。

e0058731_23145663.jpg


e0058731_23162924.jpg


e0058731_23164640.jpg


石を落とさないよう、慎重に下る。

e0058731_2317125.jpg


e0058731_23342314.jpg


シナノキンバイ?

e0058731_23343895.jpg


ハクサンフウロ

e0058731_23345275.jpg


トウヤクリンドウ

e0058731_2335969.jpg


剣山荘が見えて来た。

e0058731_23383372.jpg


お昼を食べて、さあ劔沢小屋へ。

e0058731_23391263.jpg


さようなら、剣山荘。またきっと来るよ。ほんとに、いい小屋でした。

e0058731_2340876.jpg


e0058731_2341077.jpg


タテヤマリンドウ

e0058731_2341152.jpg


e0058731_23414375.jpg


ミヤマキンバイ?

e0058731_2342181.jpg


ハクサンイチゲの向こうに劔岳

e0058731_2343461.jpg


山岳警備隊と診療所

e0058731_23441787.jpg


その向かいに劔沢小屋がある。ここは、NHKの「劔に憧れて」という番組でも紹介されていたが、昔っからの山小屋という感じ。我々、女性3人は、他のグループの女性2人と、6畳の個室に入った。今日も、ゆっくり寝られる。うれしい〜

e0058731_2345121.jpg


夕食のメニュー。明日のために、最後までねばって全部食べました。この日は、早くに小屋に着いたので、長時間の反省会でお酒もまわり、昨日と同じくしっかり寝られました。

e0058731_2346179.jpg


3日目:劔沢小屋〜室堂

最終日。今日は、立山を縦走する。お弁当の朝食を食べ4時半に出発。

e0058731_2324521.jpg


朝日が昇って来た。まずは別山を目指す。

e0058731_2335890.jpg


劔よ、さようなら。

e0058731_235812.jpg


山陰から陽が出て来た。

e0058731_2353572.jpg


雄山の方へ行きます。

e0058731_2362073.jpg


別山の山頂にも祠が。

e0058731_2372684.jpg


素晴らしい眺め。

e0058731_238321.jpg


白馬岳

e0058731_2382720.jpg


富士山

e0058731_239617.jpg


鹿島槍〜五龍?

e0058731_2393784.jpg


祠のある場所を横から見る。

e0058731_23102434.jpg


笠ヶ岳と向こうに乗鞍

e0058731_23112894.jpg


e0058731_23122166.jpg


e0058731_23125310.jpg


e0058731_23131189.jpg


真砂岳を通過

e0058731_23133239.jpg


本当にうっとりするような景色

e0058731_2314307.jpg


富士の折立を通過。風がものすごい。

e0058731_23144849.jpg


大汝山の休憩所。

e0058731_23162575.jpg


e0058731_2317212.jpg


ピークへ。ここが、立山の最高地点。

e0058731_23174631.jpg


眼下に黒部ダムが見える。

e0058731_2318634.jpg


遠くに槍ヶ岳。

e0058731_23184727.jpg


すぐそこに雄山。

e0058731_23192154.jpg


e0058731_23194126.jpg


さあ、やってきました。

e0058731_2320484.jpg


お参りは後にして、、、

e0058731_23203461.jpg


神社と反対側に行くと、、、

e0058731_23205474.jpg


素晴らしい展望。でも、風がすごい、、、

e0058731_23213495.jpg


トイレに行ってて神社に参拝するのが遅れてしまい、皆さんに迷惑をかけてしまいました。でも、せっかく来たからお参りしたくて、、、山頂の祠への階段から見ている所。

e0058731_23223547.jpg


その私を見ている?

e0058731_23251263.jpg


これが、神社。

e0058731_23315155.jpg


さあ、下ります。

e0058731_23322233.jpg


e0058731_2332514.jpg


かなり、下りて来ました。

e0058731_23331245.jpg


e0058731_23335755.jpg


e0058731_23342062.jpg


一ノ越

e0058731_23362413.jpg


下りて来ました。

e0058731_2337172.jpg


e0058731_23375025.jpg


e0058731_23381781.jpg


ちょっと休憩

e0058731_23384057.jpg


雄山の方を振り返ると?

e0058731_23391552.jpg


病人でも出たのかな?ヘリが来ていた。

e0058731_23401672.jpg


ここからはバスの中から。まだ、こんなに雪が。

e0058731_23403557.jpg


広大な弥陀ケ原

e0058731_23411674.jpg


称名滝

e0058731_23433563.jpg


立山駅に帰ってきました。

e0058731_23472035.jpg


あこがれの劔に挑戦したこの山行。立山の景色も堪能し、充実の3日間だった。
同行して下さったみなさん、ありがとうございました。
by kimukimulife | 2008-08-05 18:05 | | Comments(4)
Commented by 酒蔵 at 2008-08-06 12:29 x
待ってました詳細レポ。運と天気に恵まれた2泊3日。大変お世話になりました。全コース気の抜けない緊張を続けていましたが、過ぎてみれば感動の連続でもあり、疲れもいつの間にか消えてしまいましたね。
Commented by kimukimulife at 2008-08-06 22:40
酒蔵さん、劔では足を引っ張ってしまってすみませんでした。昨年より体重が増えた分、ばてやすくなっているのでしょうか〜?
劔は、やはり別格という感じの山でした。立山の美しさも、ちょっと他では見られないものでした。とにかく充実感がありました。すばらしい山行をありがとうございました。
Commented by コスモス at 2008-08-08 17:57 x
詳細レポ ありがとうございます。 お陰であの時の感動を何度でも思い出す事が出来ます。主人にはちょつと? の写真もありますが、行ってしまえば此方の勝ち! でもほんと良く行けましたよね 何処を見ても岩ばかり! 皆さんに感謝です。
Commented by kimukimulife at 2008-08-09 00:51
コスモスさん、こんばんは。このたびは大変お世話になりました。いつも難しい計算は、コスモス・コンピュータに任せっきりですみません。岩と鎖と雪の連続でしたが、無事に帰って来られてほっとしています。剛の劔に柔の立山。素晴らしい思い出ができました〜。またご一緒して下さいね〜。
<< 蝶ヶ岳〜常念岳 白馬岳〜栂池 >>