御在所岳(中道〜峠道)〜鎌ヶ岳

6月7日(土)

5月は、公私ともに忙しかった。



特に、仕事の方では、考えなくてはならないこと、やらなければならないことが、完全にキャパを越えていて、精神的にも追いつめられている感じがしていた。

このままでは、つぶれてしまう。でも、気分転換に何かをやれば、その分のしわ寄せが後で自分を苦しくさせる。ただでさえ、家でも雑用が多い季節の変わり目である。

もう、自分には仕事を続けていくのは無理なのだろうか、と落ち込んでいたが、そうも言っていられない。現在進行形で、仕事は進んでいるのだ。立ち止まることは許されない。今の自分の責任は果たさなくては、、、

こんなときは、山に登らなくては。失った自信を取り戻させてくれる。まだ、自分には気力も体力もあるのだ、と。

そう思っていても、なかなか行けなかった。が、チャンスが巡ってきた。山ねずみさんからのお誘いで、遊楽会の御在所〜鎌のミニ縦走に行けそうな感じになってきたのだった。

実は、一週間前にも山行のチャンスはあったのだった。だが、前日の仕事で雨にぬれたためか、はたまた連日の疲れのせいか、行くつもりで早起きしたら喉が痛く、大事を取ってやめたのだった。

一ヶ月ぶりの山。花の季節はその一ヶ月で盛りを過ぎてしまったが、緑が見られるだけでもいい。うきうきしながら高速の四日市インターを下り、菰野の道の駅でトイレに寄ったとき、、、大ポカをやったことに気がついた!

なんと、登山靴を忘れてしまったのだ!なんたることか。どうして、高速に乗る前にコンビニに寄った時に気付かなかったのだろう、、、と、悔やんでも後の祭り。
止むなく、山ねずみさんにメールを出した。と、すぐに電話がかかってきて、顔だけでも見せに集合場所へいらっしゃい、とのこと。すぐにでも帰るつもりでいたが、せっかく、ここまで来たのだからそれもそうだと思い直し、スカイラインへと車を走らせた。

途中で山ねずみさんたちが待っていてくれ、とりあえず久しぶりのご挨拶。せっかく来たのに〜と、さっちゃんのスニーカーで登ったら?と言ってくれたが、サイズが小さくてだめ。「それなら、行けるでー。」と言った山ねずみさんは、私が履いていた革靴を見ていた。

だめでしょう〜。だって、底がこうだもん〜。と見せた靴の裏は、見事にペタペタ。
これが、その靴の裏。

e0058731_0172240.jpg


「気をつけて登れば行ける。」と、山ねずみさん。

う〜ん、、、一人ならまだしも、もし捻挫でもしたらみんなに大迷惑をかけることになる。でも、たしかに、ここから帰るのはあまりに悔しい、、、

考えて、後半の鎌は無理でも、御在所は行けそうな気がした。中道は初めてではないし、帰りはもしだめそうならロープウェイもある。

プラス材料としては、まず、靴が、厚い靴下を履くため必ず山へ行く時には履いて行く、この靴だということだ。サイズは1センチ大きめの24センチ。靴下を重ねて履く「靴下健康法」を試してみたときに買った。しかし、値段こそ登山靴と同じくらい(いや、それより高いかな?)とはいえ、所詮、タウンシューズである。一度、ソールを替えたが、ペタペタには変わりがない。

ただ、もう一つのプラス材料として、この靴が「ヤコフォーム」ということがある。つま先が広い、独特の形をしているのだ。

e0058731_0365588.jpg


細心の注意を払って登れば、行けるかもしれない、そう思って行くことに決めた。

中道を登る。先頭は、遊楽会の姫(?)さっちゃん。
e0058731_20222084.jpg


途中から見える鎌ヶ岳

e0058731_20241973.jpg


ロープウェイの鉄塔が見える

e0058731_20254677.jpg


花はあきらめ、と思っていたが、ツツジが。

e0058731_20263027.jpg


地蔵岩

e0058731_2027869.jpg


こっちの角度からの方が有名

e0058731_20274694.jpg


キレットだ。気をつけて下りなければ。

e0058731_20284957.jpg


パトロールの人に会って、山ねずみさんがご挨拶。

e0058731_20311488.jpg


あきらめていた、イワカガミがあった。

e0058731_20313078.jpg


ハルリンドウも。

e0058731_2032780.jpg


新緑が目にしみる。

e0058731_2033367.jpg


着きました〜

e0058731_20333435.jpg


e0058731_20343075.jpg


サラサドウダン

e0058731_20344826.jpg


e0058731_20364971.jpg


観光客も多い。

e0058731_20372920.jpg


e0058731_2038261.jpg


e0058731_20382386.jpg


タニウツギ

e0058731_20385592.jpg


e0058731_20391868.jpg


峠道を下りて、次は鎌ヶ岳をめざす。

e0058731_20393987.jpg


武平峠。ここから、鎌への登りが始まる。

e0058731_20404733.jpg


感じの良い尾根道。

e0058731_20414023.jpg


大きくなってきた鎌。

e0058731_20422174.jpg


山ねずみさんの差し入れの、みぞれ氷。おいしい〜。生き返りました。

e0058731_20435117.jpg


あの岩場を越えれば、頂上だ。

e0058731_20443373.jpg


到着です〜

e0058731_20445690.jpg


頂上からの展望。

e0058731_20473623.jpg


e0058731_20453588.jpg


下山後は、高速の渋滞を懸念して早めに名古屋へ。大名古屋温泉で汗を流して帰った。

e0058731_20481768.jpg


靴を忘れるという、初めての大ポカ。しかし、ほとんど平らで凹凸のない靴で登ったので、いつもよりも歩く時の体重移動と三点確保を意識して登った。それは、災い転じて・・・と言えるかもしれない。ヤコフォームの長所も十二分に感じることができた。
購入元の通販生活に投書しようかしら?

なんてことはともかく、捻挫もせず、ご心配をおかけした遊楽会のみなさんに迷惑をかけることだけは免れたが、気を遣っていただいてローペースで歩いていただいたり、何かと声をかけていただき、本当にありがとうございました。以後、気をつけます!
by kimukimulife | 2008-06-09 00:24 |
<< 御在所岳(本谷〜中道) ヤルヴィのマーラー >>