三池岳〜釈迦ヶ岳

4月27日(日)

鈴鹿縦走シリーズの最終回。延期を重ねていたコースが、ついに実現した。



残念ながら、縦走シリーズは7回のうち4回しか行けなかった。あとの3回(藤原山荘〜治田峠、ハト峰〜国見岳、鎌が岳〜小岐須峠)は、自分でなんとか行って御池岳〜仙ヶ岳の縦走を完成させたいものである。

きっと何年もかかるのだろうが、今日、釈迦ヶ岳の山頂に立って、中1の時に御在所に登って以来、○十年かかってやっとセブンマウンテンを制覇できたことを思えば、なんということはない。タクシーを使ったり、両側からのピストンで歩いたり、方法はあるだろう。そのうち、奇特な人が付き合ってくれるかもしれないし。

さて、今日の縦走は、三池岳〜釈迦岳だ。9時過ぎに石榑峠から歩き始める。すでに、朝明に移動用の車が置いてある。

e0058731_231716100.jpg


e0058731_23172960.jpg


アセビ

e0058731_23174887.jpg


イワウチワ

e0058731_23181349.jpg


ショウジョウバカマ・・・何度撮ってもピンボケ

e0058731_23183532.jpg


気持ちのよい日になった。

e0058731_23191688.jpg


1時間半ほどで、三池岳頂上に。

e0058731_23194138.jpg


八風峠

e0058731_23213736.jpg


e0058731_23222023.jpg


前にも来た、仙香山

e0058731_2322403.jpg


今日も、仙香池で昼食

e0058731_23234815.jpg


ランチのあとは、釈迦岳をめざす。

e0058731_232417.jpg


あれが、岩ヶ峰?

e0058731_23243515.jpg


バイカオウレン

e0058731_23245580.jpg


岩ヶ峰への分岐

e0058731_23252617.jpg


かなり急だ。

e0058731_23264573.jpg


1時に釈迦岳に到着。

e0058731_2327515.jpg


e0058731_23285995.jpg


ハルリンドウ

e0058731_23292182.jpg


今日の例会は、参加者が多い。

e0058731_23293728.jpg


e0058731_23295351.jpg


猫岳

e0058731_233081.jpg


e0058731_23303764.jpg


ハト峰

e0058731_23305371.jpg


ここから国見への縦走路は、歩いていない。いつか、来ようと心に決めた。

e0058731_23312561.jpg


トサノミツバツツジ

e0058731_23314786.jpg


朝明へと下りる。

e0058731_23344978.jpg


この堰堤の石組みは、デレーケの指導だという。

e0058731_2335294.jpg


ツツジがきれいに咲いている。

e0058731_23355023.jpg


デレーケに関することが書いてある。デレーケは、あの木曽三川の分流に力を尽くしたオランダ人である。以前は三川分流について4年生の社会で勉強したが、今は教科書から消えてしまった。よって、郷土の先人たちのこの偉業について知る機会が、今の子どもたちにはない。何たることだ、と、憤慨しているのは私だけだろうか。

e0058731_23374081.jpg


e0058731_23433126.jpg


朝明渓谷に下りてきた。

e0058731_23435766.jpg


新緑がきれいだ。

e0058731_23441592.jpg


大好きな季節に、気持ちのいい山歩きができた。さあ、次はどこの山に?

e0058731_2345317.jpg

by kimukimulife | 2008-04-27 23:30 | | Comments(2)
Commented by 酒蔵 at 2008-05-01 23:10 x
何人かが残りのコースを目指そうとしているようです。そのうち調整・協力会議なんてどこかの政治家のようなことを考えてもいいかもしれませんね。
Commented by kimukimulife at 2008-05-03 22:29
酒蔵さん、縦走シリーズでは大変お世話になりました。残りのコースは、気長にチャンスを待つことにします。でも、そのためには健康でいなくっちゃ。目標を持つことが健康を保つ秘訣でしょうか?
<< 御嶽山 ヨーヨー・マ&シルクロード・ア... >>