御在所岳〜藤内沢〜

1月13日(土)

山の会のこじあんさんのお友達が、藤内沢を案内して下さるというので、主人を誘って参加した。



こんな機会はめったにあるものではないと、期待と不安を胸に東名阪を西へと向かったのだった。

天気はまあまあ。でも、山は白くない。名古屋は昨日雨だったからてっきり山は雪が降ったものと思っていたが、、、

スカイラインのゲート前にはけっこう車が停まっている。私達2人とやまびとのメンバー4人、そしてガイド役のIさんとそのお友達のBさんの計8人が集合した。自己紹介のあと準備体操をしていざ出発。

e0058731_223163.jpg


スカイラインを少し登り、裏道の入り口に。こんなところに裏道の登り口があるんだ・・・

e0058731_22185956.jpg


登山口から30分ほどで藤内小屋に到着。

e0058731_22192577.jpg


藤内壁出合。ここから、藤内沢へと、、、立ち入っちゃう。

e0058731_2227317.jpg


「すごいねー。まさか、あんなとこへ行くんじゃないよね。」

e0058731_22365335.jpg


「え?マジで?」

e0058731_22374168.jpg


想像通りハード。

e0058731_22403633.jpg


岩が凍っていて滑るので、リーダーがロープを出してくれた。

e0058731_22412574.jpg


こんなとこも。

e0058731_22431576.jpg


e0058731_22435726.jpg


e0058731_22441715.jpg


滝が凍っている。

e0058731_22444417.jpg


先に登って、上からロープをおろして引っ張ってくれるIさんとBさん。

e0058731_2252353.jpg


「ロープを頼らないで、手と足を使って!」と、Iさんの指導が入る。

e0058731_2255364.jpg


まだ、先は厳しい・・・

e0058731_22561297.jpg


e0058731_22565918.jpg


e0058731_2257192.jpg


e0058731_2302243.jpg


「アイゼンを信頼して。道具を信頼して。絶対大丈夫だから。」と、Iさん。

e0058731_2304569.jpg


登ってきた谷を振り返る。

e0058731_234415.jpg


e0058731_2341968.jpg


このハードさ、半端じゃない。

e0058731_2343390.jpg


e0058731_2345135.jpg


あと少し。

e0058731_235103.jpg


やっと、着きました〜

e0058731_2361292.jpg


アイゼンをはずす。

e0058731_2364899.jpg


さあ、温かいものを食べに行こう。

e0058731_2371976.jpg


ロープウェイ駅の食堂で、うどんを食べ、1:30頃に裏道から下山開始。

e0058731_23575050.jpg


藤内小屋からは、海がよく見えた。

e0058731_23582394.jpg


3:30無事に下山。

e0058731_2359532.jpg


予定していたほど雪がなく、Iさん曰く「今までこのコースを行った中で、一番ハードなコンディション」だったそうだ。でも、何故か子どもの頃に、目の前の崖に登れるかどうか競争した時のような、スリルと達成感のある何とも言えない楽しさがあった。下山後は、グリーンホテルの露天風呂で暖まって、反省会。

次回は、ぜひ、雪の多いときに行ってみたいと思った。

「初心者の方でも、絶対に安全にご案内します。」とおっしゃっていたというIさんの言葉通り、お世話になりっぱなしで連れて行っていただきました。ありがとうございました。
by kimukimulife | 2008-01-14 00:28 |
<< 中部フィル定期 今井信子とジュピター弦楽四重奏団 >>