西穂山荘〜独標

1月5日(土)

中の湯に別れを告げ、2日目は新穂高ロープウェイへ。





今日は、西穂山荘へ行くのだ。

ロープウェイからは北アルプスの山々がきれいに見え、乗客が歓声を上げる。
雪景色を見に来た人がほとんどで、山登りの格好をしているのは少数派だ。

e0058731_21503176.jpg


夏に登った槍が見える。

e0058731_228734.jpg


e0058731_221059100.jpg


独標、ピラミッドピーク、そして西穂山頂が見える。

e0058731_21511294.jpg


山頂駅から山荘までの道は踏み跡がしっかりついていて、アイゼンなしでも歩けそう。

e0058731_21582482.jpg


e0058731_21592781.jpg


e0058731_21512910.jpg


e0058731_220097.jpg


山荘に着いた。

e0058731_21542426.jpg


この先の丸山まで行くらしい。

e0058731_22121338.jpg


独標、ピラミッドピークがよく見える。

e0058731_22123380.jpg


尾根に出ると、風が猛烈に強くなってきた。

e0058731_2213349.jpg


いったいどこまで行くの?

e0058731_22142813.jpg


と思ったら、なんと独標まで行くらしい。

e0058731_22151096.jpg


ついに、来てしまいました。

e0058731_22152885.jpg


この先へは危なくて行けない。

e0058731_2216588.jpg


西穂の方は吹雪いていて、よく見えない。

e0058731_22165152.jpg


さあ、山荘へ戻ろう。と、まだ登ってくる人がいた。

e0058731_22181926.jpg


トレースはほとんど消えかけていて、ところどころに立ててある赤いリボンを目印に下る。不安だなあ・・・

e0058731_22195980.jpg


よかった!山荘が見えた!

e0058731_22203642.jpg


さらに下る。あんなところまで、よく行ったなあ・・・

e0058731_2221380.jpg


帰りは、平湯温泉で「だるまの湯」に寄って暖まって帰路に着いた。
木曽駒のときに比べると、道がしっかりついていて歩きやすかったが、天候次第では山荘までにしておいた方が無難だと思った。

e0058731_222148100.jpg

by kimukimulife | 2008-01-06 01:33 | | Comments(4)
Commented by 酒蔵 at 2008-01-08 00:22 x
夏の西穂には何度も行ったけど、槍が見えるような好天には恵まれませんでした。きっと行きたくなる素晴らしいレポでしたが、天候の変化は怖いものがありますね。スノーシューも活躍でしたか?
Commented by kimukimulife at 2008-01-08 00:35
酒蔵さん、あけましておめでとうございます。今年も、さっそくわくわくするような山行の計画をありがとうございます。できるだけたくさん参加できたらいいな、と思ってます。
スノーシューは、必要ないような気がしました。履いてた人もいたので、いつでも使えるように持ってるのもいいな、とは思いましたが。でも、まだ、買ってないんです。レンタルもありましたが。きれいな景色を見ようと思ったら、やはり早い時間に行動しなくてはいけないと思いました。
Commented by 三重、津、山ねずみ at 2008-01-08 00:41 x
きむきむさん凄いなあ?
最近どうしたの?木曽駒と言い、今回と言い、
山ねずみも去年の3月西穂を目指して行きましたが、丸山まで行って
後はガスっていて展望も無いし(無理して行く価値は無い)と思って
丸山から引き返してきました。
まあ雪山でも西穂と燕は天気さえ良ければ山ねずみでも行けるかな?と
思ってチャンスがあれば行ってみたいなあ?とは思っていますが?
山ねずみは鈴鹿の雪山が精一杯と言うレベルです。ハハハ、、
Commented by kimukimulife at 2008-01-09 22:55
山ねずみ様!私は小心者なので、雪山は怖いんですが、主人が雪が大好き人間なんです。雪道のドライブなんかも大好きで、子どもたちが幼児の頃から中学の頃までは、冬休みと春休みは必ずスキーに行っていました。私は、寒いのが苦手ですぐに休憩して何か食べてましたが、、、。木曽駒も西穂もロープウェイがあるから行けるって感じですよね。鈴鹿の雪山ももちろん行ってみたいところだらけなのですが、私一人だけが出かけるとなるとなかなか・・・。12日はおめでとうございます〜。
<< 今井信子とジュピター弦楽四重奏団 冬の上高地 >>