雪の木曽駒ヶ岳

12月23日(日)・24日(月)

やっと仕事が一区切りついた三連休。主人がずっと暖めていた計画を実行に移すことになった。道具や格好に無頓着な主人が、ゴアテックスの雪山用のウェアと10本爪アイゼンを買ってきた。



私には、ワンタッチ式のアイゼンだ。靴が雪山用ではないので、やや不安だがなんとかなるだろう。ただ、とにかく未知の領域。5月の雪があるときに登ってはいるものの、冬は全く別だろうなあ、、、と、実をいうと私の方はちょっと腰がひけていた。

「天気がよければ、星がきれいに見えるぞ、それだけでもいいがや。」という主人の言葉に、伊豆で流れ星を見つけられなかった私は、それもいいね、とその気になった。

しらび平でバスからロープウェイに乗り継ぐ。

e0058731_2341187.jpg


千畳敷に着いたのは、お昼頃。5月には雪に埋もれていた駒ヶ岳神社。

e0058731_23421773.jpg


ホテルの近くで、歩く練習。

e0058731_23443369.jpg


千畳敷ホテルは、山頂駅にある。

e0058731_23451732.jpg


踏み跡があるところならそんなに大変ではないが・・・

e0058731_2346090.jpg


ないところで、しかもこんな急な傾斜のところではちっとも進まない。

e0058731_23491730.jpg


今日は、足慣らしということで・・・でも、明日、怖いなあ・・・

e0058731_23494647.jpg


部屋は、暖房がしっかり効いていて、想像以上に快適だった。

e0058731_23525179.jpg


廊下から満月がきれいに見えた。

e0058731_23541272.jpg


食べきれないほどの豪華な食事。

e0058731_23552594.jpg


そして、次の日は、、、あまり天気がよくない、、、行けるのかなあ、、、

e0058731_2356681.jpg


歩き始めた人のあとについて行こう。

e0058731_2358414.jpg


夕べ降った雪で、踏み跡はすべて消えている。

e0058731_23593733.jpg


風が吹き荒れている。

e0058731_002417.jpg


あのピークまで行ってみよう、とダンナは言うが、、、進まない、、、

e0058731_013212.jpg


先を行っていた一団と別れたので、深い雪の中を進まなくてはならない。
その一団も、途中まで登って、下りて行った。

e0058731_02343.jpg


体力勝負というけれど、、、進まない、、、

e0058731_043323.jpg


そして、この風。もう立っていられないほどで、一瞬の隙に吹き飛ばされるのが怖くて、「もう下りよう」とダンナに言った。昨日、雪崩に100メーターほど流されたと話していた夫婦の話も頭をよぎった。どのみち頂上まで行くのは無理に決まってる。それなら、無茶なことはしたくはなかった。

e0058731_121486.jpg


渋っていたダンナも、ようやく下り始め、、、と、思ったらわずかな時間だが、晴れ間がのぞいた。でも、もう登り返すには、時間も体力もない。

e0058731_093643.jpg


この景色を見られただけでもいいじゃない。
圧倒的な静寂の中、美しく輝く宝剣岳。

e0058731_011493.jpg


e0058731_0115120.jpg


すごく速く雲が流れている。

e0058731_0131541.jpg


静と動の世界。

e0058731_014161.jpg


下界へと下りたら、あとは温泉しかないでしょう!
こぶしの湯へ。露天風呂から南アルプスがきれいに見えた。

e0058731_0145163.jpg


右が仙丈、左が甲斐駒。

e0058731_0164170.jpg


もっと右には塩見岳。

e0058731_0174665.jpg


帰りは、駒ヶ根SAで「ソースかつサンド」を買いました。

頂上を極めることはできなかったけれど、それにはまだまだ、経験も技術も知識も装備も足りない気がした。

無茶をしないで、身の程を知った行動に切り替えたから、美しい景色を見せてくれたんじゃないかな。私はそんな気がします。(相方はどう思ってるか知らないけど・・・)
e0058731_0182241.jpg

by kimukimulife | 2007-12-28 00:25 |
<< 五嶋龍のヴァイオリンリサイタル 伊豆へ >>