入道ヶ岳

12月9日(日)

 先週末、土曜も日曜も山に行く機会があり、仕事がいちばん忙しい時期ではあったが、なんとかそれまでにがんばって参加できたら、と思っていた。




 それが金曜の夕刻、「さあもう少しがんばろう」と、職場で次の仕事を片付けようとした時である。ゆらーっと、視界が動いた気がした。気のせいだろうと、仕事を続けたが、やはりなんとなくおかしい。

「さては、ひさしぶりにメヌエル氏症候群?」と、仕事を畳んで帰ることにした。
気を抜くと世界が動くので、気を引き締めて車を運転し、帰宅して仕事部屋に。鞄を置いて横になった途端、ものすごい勢いで部屋が回り出した。それこそ、昔テレビで観たタイムマシンが動き出した時のように。

「目が回るほどの忙しさ」っていうのは、たとえではなくほんとの話なんだ、、、と、妙なところで感心し、でも感心なんかしてる場合じゃなかった。

こうなったら、もう、目をつぶるしかない。ときどき目を開けてみるが、がーっと回っていて、気持ち悪くなってくる。そのまま、食事も摂らずに深夜まで横になっていた。

次の日、めまいは治まっていたが、当然、山はあきらめ。金曜の夜に仕事ができなかった分を土日に片付けた。
そして、さらに1週間がんばり、なんとか土曜の夜に仕事が一区切りついたので、どこかに歩きに行きたくなった。あれこれ考えて、結局先週、山の会の例会でみんなが行った入道ヶ岳に行くことにした。

このところのハードな生活で体力が落ちている身には、手頃な山だと思ったからだ。

前日の天気予報は、晴れ。
しぶる夫をつき合わせ、8時に出発。高速を西へ走らせるが、西の空は暗い。と、ぽつぽつ雨が降ってきた。うそ〜。登り口の椿大社に着いたときも、小雨が降っていた。

どうしよう〜。しばらく思案していたが、行くことに。

大社の奥の河原に車を停める。そこにはトイレもあるので便利だ。

9:30に出発。舗装道路をを奥に歩いて行く。

e0058731_218425.jpg


最も一般的なコースの井戸谷コースを行く。

e0058731_2192286.jpg


杉林の歩きやすい道

e0058731_2193987.jpg


沢もあり、なかなかいいコースだ。紅葉は終わりがけで、落ち葉の絨毯が敷きつめられている。

e0058731_21105152.jpg


頂上への分岐

e0058731_21111023.jpg


ここから頂上までは、アセビの群落が。

e0058731_21122881.jpg


e0058731_21124489.jpg


1時間半で頂上に。頂上からの展望。ガスっていたがかろうじて見えた。

e0058731_21133835.jpg


鳥居の前で。

e0058731_2114659.jpg


寒いので、すぐに二本松尾根コースで下山することに。

e0058731_21141995.jpg


なかなか趣きのあるコースだ。

e0058731_2115202.jpg


e0058731_21155342.jpg


この分岐を椿大社の方へ。

e0058731_21161643.jpg


この緑の空気が好きだ。やはり、来てよかった。

e0058731_21172079.jpg


1時間ちょっとで、戻ってきた。

e0058731_211876.jpg


下は晴れている。

e0058731_21185592.jpg


クサギの実

e0058731_21202567.jpg


晴れるはずだった一日。天候はいまいちだったが、久しぶりに山歩きをし心も身体もすっきりとした。帰りに、草餅を買い、少し離れたところの「さつきの湯」に入り、家に帰り着いたのは3時だった。
by kimukimulife | 2007-12-09 23:32 |
<< 伊豆へ 厳立峡〜滝めぐり〜 >>