御嶽山

8月25日(土)・26日(日)

今年の夏山の最後は、誰でも知ってる御嶽山。
母も登っているし、義母も登っている。



私は、といえば、御嶽山は、今まで2回登ったことがあるが、過去2回とも悪天候で剣ヶ峰まで到達できていない。・・・と、思っていたが、写真で確認したら初めて登ったときに頂上まで行っていた。これが、そのときの写真。何口というのだろうか、ロープウェイで途中まで行ったのだった。

e0058731_23383859.jpg


2回目は一昨年で、田ノ原口から登った。秋だったが、途中で吹雪になった。
今回は、やっと条件のいい山行ができそうということで、期待していた。メンバーは、山の会の13人。8月例会の登山である。

勝川駅で7時にピックアップしてもらい、恵那峡SAで他車と合流。
3台で濁河温泉に向かう。カーブカーブの超苦手な山道にさしかかり、先週の二の舞にならぬよう、寝てしまった。

やっと登山口に着いたが、駐車スペースがない。日帰り温泉の駐車場に、帰りに温泉に入ることを条件に停めさせてもらう。

身支度を整え、登山口へ。

e0058731_013638.jpg


e0058731_015276.jpg


e0058731_02790.jpg


登山口でトイレを済ませ、体操をして出発!

e0058731_022117.jpg


e0058731_04361.jpg


e0058731_042090.jpg


e0058731_043476.jpg


ジョーズ岩?

e0058731_044965.jpg


湯の花峠

e0058731_051286.jpg


要所要所に、こういう鐘がある。

e0058731_054890.jpg


e0058731_062680.jpg


蛙岩

e0058731_064813.jpg


のぞき岩

e0058731_072130.jpg


お助け水。ただし、水はなかった。

e0058731_075077.jpg


森林限界

e0058731_082191.jpg


視界が開ける。素晴らしい展望。

e0058731_084730.jpg


あの頂をめざすのだ。

e0058731_092257.jpg


信仰の山、御嶽山。こういう石像が至る所にある。

e0058731_09578.jpg


e0058731_0104760.jpg


コマクサ

e0058731_011482.jpg


こんなにあるとは、知らなかった。

e0058731_0113754.jpg


e0058731_012345.jpg


3:15五ノ池小屋に到着。登り始めて4時間。

e0058731_0122755.jpg


e0058731_0124663.jpg

濁河温泉150分??

e0058731_0144638.jpg


飛騨頂上

e0058731_0163937.jpg


e0058731_019054.jpg


e0058731_022481.jpg


三ノ池

e0058731_0225190.jpg


五ノ池

e0058731_0232511.jpg


e0058731_0234279.jpg


e0058731_0251432.jpg


剣ヶ峰が見える。

e0058731_0253619.jpg


摩利支天には登らず。

e0058731_0262744.jpg


あそこに、今日泊まる、二ノ池新館が見える。

e0058731_0271526.jpg


賽の河原

e0058731_028279.jpg


チングルマ

e0058731_0284730.jpg


イワギキョウ

e0058731_0291466.jpg


e0058731_0293824.jpg


花を撮りながらゆっくり来たので、5時ちょっと前に小屋に到着。
今日の小屋は、お風呂に入れるという。楽しみ〜。

e0058731_0295870.jpg


部屋は、個室が3部屋用意されていて、十分なスペースがあった。まずは、お風呂で汗を流し、夕食タイム。この日の夕食は?

e0058731_0305337.jpg


e0058731_0312424.jpg


e0058731_0314149.jpg


夕食のあとは、楽しい反省会。お酒におつまみ、自己紹介で盛り上がって、あっという間に消灯。ただし、女性軍は、Sコーチのもと、マッサージ講習会をしてから、寝たのでした・・・

次の日は、4時半に起床。きれいな朝焼け。

e0058731_032322.jpg


南アルプス方面。
一番奥の左から、鋸岳・甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳・北岳・・・のはず。
その前に、中央アルプス。

e0058731_0375313.jpg


ご来光。朝日は、八ヶ岳方面から昇った。

e0058731_0412441.jpg


山々が、次第に浮かび上がる。

e0058731_0421994.jpg


さあ、今日は池巡りだ。
まずは、ザックを小屋にあずけて、剣ケ峰をめざす。空は快晴。

e0058731_20484572.jpg


右奥に富士山が見える。その手前は中央アルプス。ということは、左の方の一番高い山が木曽駒ケ岳で、その右2つ目のピークでぽつんと飛び出ているのが宝剣か。そこからピークを二つ超えてぐっと下がって、次の大きなピークが檜尾岳?

e0058731_2050541.jpg


こちらは、乗鞍の向こうに北アルプス。先週行った槍が小さく見える。

e0058731_20563840.jpg


朝日に輝く一ノ池。

e0058731_2058024.jpg


e0058731_20593143.jpg


う〜ん、、、。溶岩、カルデラ、噴煙、、、そう!御嶽山は、火山なんですねー。

e0058731_210643.jpg


剣ケ峰まであと少し。

e0058731_2113031.jpg


白装束の信者の人たち。そういえば、法螺貝の音が聞こえていた。

e0058731_21233.jpg


気分は最高!

e0058731_2125844.jpg


空木岳はあの辺かな〜と、自分が歩いた山を探している。

e0058731_2133519.jpg


ちゃんとお参りをして、娘と婿殿と息子にお札も買いました。

e0058731_2162999.jpg


鐘の下に見えるのが乗鞍らしい。

e0058731_2174616.jpg


二ノ池本館。池のほとりにある。

e0058731_21102528.jpg


雪が残っている。

e0058731_21104788.jpg


次は、三ノ池へ。きつい勾配を下って行く。

e0058731_21113410.jpg


トウヤクリンドウ

e0058731_21132389.jpg


三ノ池

e0058731_2113444.jpg


反対側の尾根へ。

e0058731_2114730.jpg


山はやはりお天気じゃなくちゃ。

e0058731_21144161.jpg


四ノ池。水はなく、湿原になっている。花がたくさんありそうで魅力的だが、降りればまた登らねばならず、みんな消極的。結局、降りなかった。
飛騨頂上で、今朝から登って来ているゆうゆうさんも待っていることだし。

e0058731_21152121.jpg


さあ、飛騨頂上へ。あとひとふんばり。

e0058731_21173660.jpg


e0058731_21182741.jpg


この後、飛騨頂上でゆうゆうさんと合流し、早めの昼食をとり記念写真を撮って下り始めた。下りは、快調に飛ばして予定より早く濁河温泉に着き、日帰り温泉に入って帰路についた。

独特の雰囲気を持つ信仰の山、御嶽。火山としての厳しさ、また花の山としての優美さ、いろいろな表情を併せ持つ御嶽山の魅力を、やっと肌で感じることのできた貴重な山行となった。
by kimukimulife | 2007-08-26 22:51 | | Comments(8)
Commented by taketombow at 2007-08-27 00:56
一昨年(だったかな)夏休みの最後に行ったことがあります。「夏山」のつもりで行ったら、思いの外寒くてうろたえたことを覚えています。おまけにタイヤはパンクするし、でも、温泉は気持ちよかったですよ。
Commented by kimukimulife at 2007-08-27 23:02
taketombowさん、こんばんは。
昼間は暑かったですが、夜明けは布団1枚では寒くて目が覚めました。
(もう1枚掛け布団があったのですが、布団を6枚敷くために他の部屋に移動させてしまったのです)三度目にして、素晴らしい展望にただた圧倒されました。
Commented by 酒蔵 at 2007-08-28 22:01 x
一昨年の秋と違って、正しく最高の御嶽山でした。毎度の丁寧な、いつ撮ったかと思われる写真には脱帽です。私は、電池切れを心配してシャッターを削ったのが悔やまれます。
Commented by kimukimulife at 2007-08-29 22:44
酒蔵さん、御嶽では(でも)お世話になりました。
一昨年は、紅葉を見るつもりがほとんど冬山だったんですよね。
お天気に恵まれると、あんなにいろいろな山が見られるんですね!感激しました。
Commented by こじあん at 2007-08-30 19:01 x
19日に田の原から登りました。飛騨からは時間がかかるようですね。
登山者は少数派で参拝者が多く気分が登山と言えない雰囲気でした。
きむきむさんの夏休みは最高でしたね!
Commented by kimukimulife at 2007-08-30 20:47
こじあんさん、こんばんは!
19日もお天気は上々で、頂上からの展望はよかったのではないですか?
着々と鈴鹿のここかしこを、走破されているようですね!また素敵な写真をやまびとの画像掲示板に載せてくださいね〜
Commented by taketombow at 2007-09-03 22:37
このエントリーの話題から、少しずれますが・・・。
面白い(興味深い)サイトを発見しました。そのブログに掲載されている画像から、使用したデジカメの機種を特定するというものです。
http://blog.bulknews.net/blog-cameraphone.cgi
これによるとkimukimさんはこのブログのトップ画像を

RICOH Caplio R2

を使って撮影しています。デジカメ画像に付加された画像情報を解析するのですが、面白いでしょ?
Commented by kimukimulife at 2007-09-04 22:50
taketombowさん、こんばんは。
すごいですね。その通りです。前の職場のカメラに詳しい人に選んでもらいました。花を撮るなら、これがいいと。ちょっと重いのですが、接写に強いのがいいところです。望遠が、弱みかな。それと、ご来光がうまく撮れません。何か方法があるのかもしれませんが。研究不足で、機能を生かしきれてないのでしょうね。
<< 五嶋龍のパガニーニ 燕・大天井・槍ヶ岳縦走 >>