セントラル愛知のエルガープログラム

9月15日(金)

e0058731_0355171.jpg


エルガーのチェロ協奏曲をやると知って、夏休みの終わりにチケットをとった。
オケはセントラル愛知交響楽団である。このオケは、初めて聴いた。

エルガーのこの曲と言えば、やはり誰もがジャクリーヌ・デュプレを思い出すだろう。




ジャクリーヌ・デュプレ・・・若くしてその才能を認められ精力的に演奏活動をしていたが、28歳で「多発性硬化症」を発病し42歳で他界した、イギリスの女流チェリストである。

「多発性硬化症」とは徐々に体の自由がきかなくなっていく、難病だ。数年前、友人がこの病気を疑われ、それを聞いたときには、体が凍りつきそうになったものである。幸い、友人は気になる症状も消え、今では普通の人の3倍くらい元気にしている。

何年か前に、「ほんとうのジャクリーヌ・デュプレ」という映画も公開された。ただし、この映画はあまり好きにはなれなかったが。

この曲は愛妻を亡くす少し前に作られた、エルガー最後の作品である。
愛する妻を亡くして、もう創作意欲がなくなってしまったということだろうか。

エルガーというと、仕事柄、「威風堂々」がすぐ思い浮かぶ。
卒業式の入場の曲にぴったりの曲で、よく使われるからだ。

しかし、やはり、このチェロ協奏曲が一番いい。そして、デュプレの演奏が最も心を揺さぶる。
演奏家としてこれから円熟した演奏を聴かせるようになるというときに、皮肉にも少しずつその能力を失っていくことになったデュプレの心中に思いを馳せるとき、切々としたこのメロディーが心につきささってくるのだ。

やりたいことがもっとあっただろうに。
元気だった時の自分を思い返し、今の自分がどんなに歯がゆかったことだろう。
思うようにならない体と気力に、絶望し、どんな思いだったのだろう。

名古屋出身の若手チェリストのホープである石川祐支が、どこまでこの曲を表現できるのだろうか・・・そんな思いで、ホールに向かった。

そしてその演奏は、決して悪くなかった。
曲の持つ哀感を、よく表現していたと思う。第一楽章の厳粛な感じの前奏に続く哀愁を帯びたメロディや、心の叫びのような上昇していく音形・・・情感あふれる演奏だった。
ビブラートも美しかったし、きれもあった。

最近、肉親とのつらい別れがあったので、思わず、込み上げてくるものもあった。

ただ、デュプレを聴いている耳には、どうしてもやや淡白に聞こえてしまうが。
余分なことを言わしてもらえば、ヘアースタイルに一考を。


本国のイギリスでは、ドボコン(ドボルザークのチェロ協奏曲)と同じように頻繁に演奏されるらしいが、日本ではあまり演奏されない。私も今回が初めてである。もっと、演奏される機会を作って欲しいものである。

その他のプログラムは、、、

朝の歌愛の挨拶、そして、エルガーの名を有名にした変奏曲「エニグマ」である。
「愛の挨拶」は、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロで聴いたことはあるが、オケで聴くのは初めてだった。
「エニグマ」は、初めて聴いたが第9変奏の美しいこと・・・情感のあふれる感動的なその調べに、久々に好きな曲が一つ増えたなあ、という気がした。
さっそく、CDを買わなければ・・・

そうそう。指揮者は、小松長生。誠実そうな好感の持てる人だった。指揮は、力強く若々しい印象。次回は、もう少し広いホールで聴いてみたい。
by kimukimulife | 2006-09-16 00:36 | クラシック | Comments(8)
Commented by yu-yan63 at 2006-09-17 01:09
おかえりなさい。
ブログはしばらくお休みされるかと思っていましたが、
更新されていて嬉しいです。^^
これからも無理せず続けてくださいね。
明日の山行がなくなったのは、残念でしたね~。
Commented by あい at 2006-10-16 09:46 x
石川氏の為に少々弁解を!
デュプレは、私もすごいと思いますし彼女の演奏は大好きです。しかし彼女の使っている楽器は多分ストラドだと思います。それに録音のものを聞いていらっしゃるならば、ソロとオケのバランスなど可能です。比べるのはどうかと・・・・・
Commented by kimukimulife at 2006-10-16 21:14
あいさん、初めまして。訪問する人はほとんどない当ブログによくいらっしゃいました。しかもコメントまでありがとうございます。私は音楽を聴き始めてまだ数年なので、勝手な感想を書き散らしています。CDは、いろいろ調整してあるのでなま演奏とは比較できないですよね。だいいち、それぞれのアーティストの個性がなくなってしまったら、そんなつまらないことはないと思います。私は、石川さんの演奏はとてもよかったと思ったので、そう書いたつもりでしたが・・・失礼があったのであれば、お許し下さい。石川さんのコンサートの情報をご存知でしたら、ぜひ行ってみたいので教えて下さいね。なお、デュプレの楽器は、2つあったようですが、両方とも匿名のファンから贈られたストラディヴァリウスです。その一つ「ダヴィドフ」を、ヨーヨー・マが譲り受けたのはご存知ですよね。
Commented by あい at 2006-10-17 09:51 x
挨拶もなく失礼しました。これからも、おじゃまさせてください。私は、大の石川ファンです。あなたの感想は、非常に的確でうれしかったです。しかしデュプレの事だけ気になったものですから!彼の鼓動と息つかいは、私の心を揺さぶります。コンサート情報は、トリオBeeで紀尾井、京都アルティ、兵庫芸術劇場大ホール(2000席)どこも満員でしたよ。でも及川浩治さんのおかげかな?これからの方なので。名古屋では、11月4日に港小文化劇場でソロリサイタルがあります。詳細は、石川祐支氏のホームページで・・・一緒に応援していけたらうれしいです。
Commented by kimukimulife at 2006-10-17 23:54
あいさん、こんばんは。
石川さんのHPを見ました。彼が、娘と同じ高校に娘と入れ違いに入学したことがわかり、「地元のアーティスト」という感が強まりました。また、以前職場に彼のお母様とお知り合いという人がいて、名古屋のデビューコンサートの話はちらと聞いたことがあったのです。でも、その時は、私はまだ音楽を聴き始めていなかったので、残念ながら行っていません。これからは、名古屋でのコンサートに、都合がつく限り出かけてみようと思います。いろいろ教えて下さって、ありがとうございました。
Commented by あい at 2006-10-23 11:18 x
こんにちは。11月号の音友のConcert Reviewsにセントラル愛知交響楽団の第81回の批評が掲載されていました。機会がありましたら読んでいただけますとうれしいです!
Commented by kimukimulife at 2006-10-24 21:42
あいさん、お知らせいただきありがとうございます。
次の休みに本屋さんへ行って、読んでみますね〜。その様子では、きっと石川さんの演奏は好評だったのでしょうね。
Commented by あい at 2006-10-26 10:33 x
おはようございます。評論家の感想は、難しい表現が多くて・・・
でも、「余すことなく伝える結果」と書いてくれたのでよかったです。よくわからないけど著作権とやらがあるのですべてを書けなくてゴメンナサイ!
写真つきで場所も左ページ左上で結構目立つところ!みーはーな私ですが、これからもどーぞ宜しくお願いします。
<< 乗鞍 また、はずれた! >>