木曽駒ヶ岳

1月5日(土)

年初めの休日に娘の家族とスキーに行こうかと話していたが、娘達はすでに旅行を計画していたため、主人と二人で木曽駒に行くことになった。

それでも、孫と遊びたい主人は、前日に御在所で孫に雪遊びをさせたいというので、二人で連れて行き、その疲れを引きずっての山行きとなった。(山登りより疲れた〜)

e0058731_11103946.jpg






いつものように、菅の台の駐車場に車を置く。

6時に家を出たが、タッチの差で始発に間に合わなかったので、9:12発のバスに乗る。

e0058731_11165997.jpg


しらび平でロープウェイに乗り換え、千畳敷に着いたのが10時だった。

e0058731_11173189.jpg


すでに登っている登山者が見える。

e0058731_11195268.jpg


まずは、乗越浄土まで。無雪期と違って雪があるので転ばないように気をつければ、却って登りやすいかも。ただし、先行者のトレースがあったからで、何年か前に初めて挑戦したときは、(たしか12月24日だったが)前の夜に雪が降り、ラッセルが大変で途中で引き返してきたのだった。

e0058731_1126783.jpg


天気は上々。千畳敷は風もなく、陽が射すと暖かささえ感じられる。
1時間ほど登ったところで、休憩して少しお腹に入れる。

e0058731_11271232.jpg


南アルプスがきれいに見える。ロープウェイの駅が小さく見える。

e0058731_11282464.jpg


乗越浄土まであと少し。

e0058731_11293471.jpg


ここで、ドジな私がカメラを落とし、幸い少し下で止まったので拾いに戻る。
止まってよかった〜。

e0058731_11301456.jpg


e0058731_11315817.jpg


乗越浄土に到着。

e0058731_11322683.jpg


北御所方面。前はあそこまで行ったが、今日は行かない。

e0058731_11324280.jpg


中岳を目指す。

e0058731_11334557.jpg


宝剣岳がかっこよくそびえる。登山者が見えたが、もちろん行かずに眺めるだけ。

e0058731_11345117.jpg


中岳への道は猛烈な風だ。さっき落とした時にカメラのレンズが濡れたようで、そこが凍ってしまっていた。きちんと拭いておけばよかった。

e0058731_11355920.jpg


中岳。いつものように、防寒と日焼けよけを兼ね、顔はすべて覆っている。

e0058731_1139590.jpg


e0058731_11403142.jpg


宝剣の方を臨む。

e0058731_11575951.jpg


ここからがきつい。何より寒い!!

ここから私が先行し、不整脈の持病のある主人は、ゆっくりゆっくり登って来る。

e0058731_11543053.jpg


1時前にやっと頂上へ。写真を撮りながらなので、かなりゆっくりペース。

e0058731_1155991.jpg


南アルプス方面。

e0058731_11555047.jpg


八ケ岳方面。

e0058731_1243399.jpg


御嶽

e0058731_1251251.jpg


北アルプス方面。

e0058731_1252573.jpg


一応、記念写真。でも、寒くてとてもじゃないけど、ゆっくりできそうもない。

e0058731_1274125.jpg


e0058731_1275313.jpg


写真を撮って、早々に下る。

e0058731_128521.jpg


中岳まで下りてきた。

e0058731_1281839.jpg


中岳の小屋の横でカップヌードルをかき込み、乗越浄土へ。
ここまでくれば、あとは風はさほどないので気が楽だ。

e0058731_129475.jpg


3時前に千畳敷駅に到着。

e0058731_12104488.jpg


この日は、千畳敷ホテルに泊まった。暖かいお風呂がうれしい。

次の日に、帰りのバスの中からカモシカの子どもを見ることができた。ラッキー!

e0058731_1213082.jpg


雪の木曽駒は4回目?でも、真冬に登頂したのは初めて。猛烈な寒さに、手の指が凍傷になるかと思ったくらいだった。手袋の選択が難しい。フェイスマスクも、モンベルのネックウォーマーとの一体型を新調してつけてみたが、息で濡れたフリースが凍ったり、ひもで調節するようになっていたが、ゴムのがいいなあと感じたり、いろいろ課題が見つかった山行だった。
by kimukimulife | 2013-01-08 00:35 | | Comments(2)
Commented by 三重、津、山ねずみ at 2013-01-16 07:17 x
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
木曽駒登山!きむきむさん凄いなあ~!以前リタイアした時のレポも拝見しましたが
今回は天気も良くトレースがあったのもラッキーでしたね!

ところで山ねずみもちょうど5日に西穂独標まで行ってきました。
過去2回冬の西穂に挑戦したんですが2回共丸山でリタイアしているので
今回は始めから(丸山まで行く!)予定で行ったんですが丸山頂上で一緒になった
山ガールさんに(独標までなら行けるよ!行こう!)と言われ、天気も良いし
時間も早かったので(それなら挑戦してみるか?)と挑戦!
思ったより楽に独標頂上に立てましたが稜線の風の冷たい事!きむきむさんと違って
顔の防備は何もしていなかったので顔を風下に向けて歩きましたが顔が凍傷に
なるかと思いました。

でも独標に行けたので山ねずみも木曽駒に挑戦してみようかな?
きむきむさん!ガイドお願いします。ハハハ、、、

今年もよろしくお願いします。
Commented by kimukimulife at 2013-01-19 22:59
山ねずみ様!!
今年もよろしくお願いいたします。というか、今年こそ、ご一緒できますように!

木曽駒は中岳から山頂までがすごい風でめちゃくちゃ寒くて、主人は鼻が凍傷になったようです。私も手の指が冷たくて、凍傷になるんじゃないかと思いました。山ねずみさんのスピードなら、凍える前に往復できちゃうでしょうから大丈夫ですよ!今回は、トレースがあったので助かりました。冬の木曽駒は、もういい、、、かな?

<< アイーダ 雪の天狗岳 >>