紅葉の木曽駒ヶ岳

10月8日(月)

何年か前のこと、家を6時頃に出て木曽駒の紅葉を見に行こうとしたが、駐車場に着いたら長蛇の列。
あきらめて、近くの池山に登って帰って来た。

それで、昨年、今度こそはと満を持して麓の旅館に泊まり、朝ご飯もおにぎりにしてもらい、始発のバスで上がったが、、、





昨年は、どこも紅葉がいまいち。ちょっとがっかりして帰って来たのだった。

そして、今年。下呂の常宿へ行く途中、「今年は木曽駒の紅葉がきれいだって、新聞に書いてあったね。」と主人に話したら、次の日は川上岳に行く予定だったが、急遽、木曽駒に行くことになった。

なので、朝のバイキングの代わりの朝食として、コンビニでパンを買っていくことにする。ちょっと残念。

次の朝、5時に宿を出て、7時に菅野台の駐車場に着いたがすでに満杯。上の駐車場に行くよう指示される。バスに乗れるか心配だったが、臨時便を出してくれてかえって早くバスに乗れた。

だが、しかし、、、。ロープウェイ乗り場のしらび平で整理券が出て、待ち時間が1時間半!
あ〜本でも持ってくればよかった〜。

e0058731_22262983.jpg


ここで、驚くべきことが!なんと中日の教室で一緒のTさんが目の前でうどんを食べている!
まさか、と思ったが、何度見直してもTさんだ。声をかけたらあちらもびっくり。ご主人と三ノ沢岳に行くとのことだった。

奇しくも同じロープウェイに乗り、千畳敷へ。

南アルプスがきれいに見える。富士山は見えなかった。

e0058731_22335150.jpg


千畳敷にはきれいな紅葉が。確かに今年はきれいだ。

e0058731_2235565.jpg


千畳敷って、空が群青なんですよね。冬だけと思ったら、いつも群青なんだ〜。

e0058731_22364713.jpg


八丁坂を上がって、乗越浄土へ。

e0058731_22392130.jpg


宝剣小屋の方へ。

e0058731_2240231.jpg


途中で、駒飼ノ池の方へ下って行く。

e0058731_22414298.jpg


e0058731_22415815.jpg


e0058731_22422979.jpg


駒飼ノ池は、ほとんど水がなかった。次は、濃ヶ池を目指す。

e0058731_2244193.jpg


はしごを下りた辺りから、きれいな紅葉が目に飛び込んでくる。

e0058731_22445445.jpg


e0058731_22451353.jpg


e0058731_22452733.jpg


e0058731_22454523.jpg


宝剣が小さくなった。

e0058731_22462496.jpg


涸沢にも負けていない紅葉。

e0058731_021670.jpg


e0058731_025295.jpg


濃ヶ池に到着。3組程のグループが、昼食をとっていた。

e0058731_0378.jpg


ここは、水が結構あった。水面に映る紅葉。

e0058731_0407.jpg


ここから稜線に上がって行く。

e0058731_043263.jpg


e0058731_051185.jpg


稜線に出た。

e0058731_052392.jpg


右へいくと、「聖職の碑」の遭難碑がある。
が、そっちへ行っている時間はない。

e0058731_053790.jpg


どのあたりに碑があるのかな?

e0058731_071343.jpg


足元の紅葉。

e0058731_072329.jpg


濃ヶ池がもうあんなに小さく見える。

e0058731_0834.jpg


駒ヶ岳の頂上までは、結構な距離がある。

e0058731_085213.jpg


やっと近づいた。

e0058731_093342.jpg


e0058731_095482.jpg


着きました〜。ガスで何も見えません。

e0058731_01055.jpg


すぐに下ります。中岳へは登らずに巻き道へ。

e0058731_0104433.jpg


e0058731_0112915.jpg


e0058731_0114062.jpg


宝剣へも寄りません。

e0058731_0115295.jpg


千畳敷へ。

e0058731_0122275.jpg


たくさんの人が、、、

e0058731_0124772.jpg


千畳敷に着いたのが3時頃。ロープウェイの待ち時間は2時間半でした。
少し遅れて三ノ沢から下りてきたTさんご夫妻と再会。コーヒーをごちそうになり、散策コースへ。
ガスっていて視界はよくなかったが、ここも紅葉がきれいだった。

e0058731_0125898.jpg


e0058731_21152614.jpg


木曽駒へは何度も来ているが、この日のコースは初めてだった。紅葉の時期には、ぜひ行きたいコース。涸沢のパノラマコースのようで、私は密かに「木曽駒のパノラマコース」と名付けた。
念願だった木曽駒のきれいな紅葉を見ることができ、大満足の一日だったが、なんせ待ち時間が、、、
こればかりは、なんともならないんでしょうか、、、。
by kimukimulife | 2012-10-10 14:41 | | Comments(0)
<< 天狗岳(周遊コース) 第四十八回 吉例 顔見世(夜の部) >>