天狗岳(ピストン)

9月27日(木)

中日の山の講座の、先輩方の同期会の山行に同行させていただいた。
北八ケ岳の天狗岳で、私にとっては初めての山なので楽しみにしていた。




でも、19日に行くはずだった教室の現地学習を、孫の病気のためにドタキャンしてしまったので、久しぶりの山行ということで、体力的にちょっと心配だった。

いつもよりちょっと早い6:30に金山に集合。初めての参加で緊張していたので早めに行ったが、なんとバスの運転手さんが時間を間違えていたらしく、結局出発は6:50頃だった。

中央高速の諏訪インターで下りて、唐沢鉱泉まで行く。3時間ちょっとで登山口に着いた。

e0058731_2331554.jpg


唐沢鉱泉から歩き始める。道は岩がちょっとあるが歩きにくいということはない。

e0058731_2351218.jpg


お天気は上々。そんなに暑くもなく、割にゆっくりペースで助かった。
すぐに八ケ岳が姿を現す。

e0058731_2363933.jpg


分岐を過ぎて、尾根に出て第1展望台に着く。ここまで、1時間半くらい。

e0058731_2392868.jpg


さらに尾根を行く。

e0058731_23104211.jpg


西天狗が目の前にそびえ立つ。

e0058731_23115846.jpg


第2展望台だ。第1展望台から30分。

e0058731_2313893.jpg


根石岳のふもとに根石岳山荘が見える。

e0058731_0413041.jpg


さあ、岩登りが始まります。

e0058731_0421647.jpg


みんながんばれ〜

e0058731_0424154.jpg


ずっとむこうの山並みまで見える。北アルプス方面かな。

e0058731_043925.jpg


蓼科山に北横岳

e0058731_0444392.jpg


中央アルプス方面。真ん中の大きいのは、御嶽山?

e0058731_0453663.jpg


もう少しで頂上か?

e0058731_0462980.jpg


着きました〜。1時15分。登り始めて約3時間。

e0058731_0465166.jpg


ここで、東天狗に行くかどうか、サブリーダーが迷っていたが、結局後ろの班が着いてから決めることにしたようだったが、、、後続がなかなか来ない。そこで、まずは腹ごしらえをすることにした。

槍もくっきり見えます。

e0058731_0495774.jpg


すぐそこに、7月に登った硫黄岳〜横岳〜赤岳〜阿弥陀岳。あそこを歩いたのね〜。

e0058731_0502446.jpg


すぐ前に東天狗。空身で行けば、すぐ行けそうだけど、、、

e0058731_0514922.jpg


いつまで見てても飽きません。360度、全部見えます。

e0058731_0523919.jpg


結局、東天狗は行かずに戻ることに。ん〜、残念!

e0058731_0532965.jpg


第2展望台で西天狗を振り返る。

e0058731_0545444.jpg


第1展望台に着いたのが3時。下り始めて1時間。

e0058731_055403.jpg


さらに40分で分岐へ。

e0058731_0564643.jpg


ここからが意外に時間がかかり、1時間くらいかかった。岩がすべって慎重に下りたからか。

e0058731_0572757.jpg


出発の時には気付かなかったが、マムシグサの赤い実が目立っていた。

e0058731_0582622.jpg


e0058731_15141925.jpg


唐沢鉱泉で汗を流し、一路、名古屋へ。

21人という大所帯で、計画通りいかないところもあったが、お天気に恵まれ最高の展望を楽しむことができた。特に八ケ岳が目の前に見えて、素晴らしかった。ハプニングもあったが、初めてご一緒させていただいた皆さんがとても親切にしてくださり、楽しい一日だった。いつか、また来て、今度はぜひ周遊コースを歩きたい。

それにしても、みなさん、私より年上でいらっしゃると思うが、その元気なことと言ったら、、、脱帽です。また、ご一緒させてくださいねー。
by kimukimulife | 2012-09-29 01:06 | | Comments(0)
<< TOSHIYUKI ソロ コンサート アイーダ >>