愛知川遡行

10月19日(水)

9月から中日文化センターの山登りの講座に入った。



理由は、近頃下りでよく転ぶから。「歩き方が悪いのでは?」という疑問から、「山にはいろいろ行ってるけど、そもそも基本がなってないのでは?」と考えるにあたり「やはり、ちゃんと勉強しなくては」と思ったから。そして、平日の会なので他の用事とかぶらなくていいかなと思ったし、月1回の山行なら何とか都合がつくかな、と思ったので。

1回目の講義は「天気図の見方」。その後の現地学習は雨で延期になって行けなかった。

2回目の講義は「登山の基本」そして現地学習は「愛知川遡行」。以前山の会で行ったときにいいところだな、と思ったので楽しみにしていた。

金山駅前に6:50に集合。名古屋だから朝がゆっくりでいいかなと思っていたが、金山ということでやはり朝は5時起き。ただ、マイクロバスなので気は楽。バスの中でお勉強もできる。ただしお金はかかる。

行ってみると、講義を受けている生徒だけでなく、支部友という人たちもいて(費用が少し高いらしい)バスの定員いっぱいになっていた。支部というのは、日本山岳会の東海支部のことで、講義の卒業生で希望者は支部友という組織に入り活動しているということだった。

バスの中で、私ともう一人の新人が簡単な自己紹介をした。平日の会とあってメンバーはほとんどが仕事をリタイアした人で、私は若い方だった。入会してから何年もたつベテランから、入って間もない人もいた。

e0058731_1173413.jpg


道路がすいていて、予定より早く朝明の駐車場に着いた。体操をして歩き始める。

e0058731_11153675.jpg


まずは、ハト峰をめざす。

e0058731_11163228.jpg


あの白く輝くのがハト峰。

e0058731_11164378.jpg


30分弱でハト峰へ。

e0058731_11172887.jpg


計画書ではそこから白滝谷へ行く予定だったが、バスの中の説明で、時間の都合でヒロ沢の方へ行くと聞いていた。

e0058731_1118134.jpg


このあたりの湿原はなかなか感じがいい。

e0058731_11442510.jpg


ヒロ沢出合に到着。ここから愛知川本流を行く。

e0058731_11533863.jpg


休憩のあと、場所を選んで徒渉する。先生が細かく指示を出してくれる。

e0058731_1154537.jpg


紅葉も少しはある。

e0058731_11561749.jpg


登山道へは上がらないで、河原を行く。

e0058731_11571425.jpg


e0058731_11572594.jpg


きれいなエメラルドグリーン。

e0058731_11573733.jpg


かなり厳しいコースで、数人が川へドボンした。

e0058731_11581077.jpg


e0058731_11584454.jpg


昼食をとったところにあったダイモンジソウ。

e0058731_11585555.jpg


昼食の後、続けて河原を行くグループと、上の登山道に上がるグループに分かれる。川に落ちた人や自信のない人は上へ。私は河原を行くことにした。

途中でどうしても進めない時は、巻いていくので、こんな崖も下ります。

e0058731_1159946.jpg


e0058731_1221421.jpg


e0058731_1232673.jpg


e0058731_123399.jpg


e0058731_1235722.jpg


下水晶谷出合。ここでいったん上の登山道へ。

e0058731_1241341.jpg


また下りる。

e0058731_12332884.jpg


e0058731_1234610.jpg


大トロ鉄橋は通れないので、ここで徒渉する。

e0058731_12342285.jpg


e0058731_12343641.jpg


e0058731_12344987.jpg


e0058731_1237640.jpg


e0058731_12371962.jpg


中峠に到着。

e0058731_12373316.jpg


伏木谷を行く。

e0058731_1238742.jpg


曙滝

e0058731_12403397.jpg


無事に下山。多少足を濡らしたが、川に落ちることもなくやれやれ。

e0058731_12411395.jpg


グリーンホテルで温泉に入ったあと、帰路へ。
帰りのバスで一言ずつ反省を述べたりして、楽しく過ごすうちに名駅に着き、解散。反省会にも出て、中日勝利セールで66円になっていた生ビールを飲み、帰宅した。生徒さんの中に、昔の同業者がいて、共通の友人がいるとわかったのも愉快だった。

長い一日だったが、歩きながらの先生の細かい指導がとても勉強になったし、何より、なかなか行けないコースに行けたのがよかった。初心者もOKの講座ということだったが、結構厳しいコースだと思ったので他の生徒さんにそのことを話したら、NHKや朝日の講座も受け持っている講師の先生は、中日の講座では、なかなかユニークは山行を企画するとのことだった。来月の山行も楽しみだ。

e0058731_13243662.jpg

by kimukimulife | 2011-10-25 14:55 | | Comments(0)
<< ロミオとジュリエット 焼岳 >>