御池岳〜池巡り〜

10月11日(月)

鈴鹿の御池岳には、20以上の池があるという。その池をできるだけたくさん見つけながら歩こう、」という例会が10月3日に組まれた。



あいにく、その日は用事があって参加できないなあと思っていたら、雨で中止となった。そして、自主トレで行きましょう、というお誘いがあったので、参加した。実はこの日も予定があったが、雨で予定が狂い、参加できるようになったのだった。

6:30に家を出て、藤原簡易パークに行く。そこで、車2台に分乗しコグルミ谷の登山口へ。
この日は、会に入って間もない人や体験参加の人がいたので、11名の参加者がそれぞれ自己紹介をしてから、準備体操をし、8:30に登り始めた。

e0058731_23185236.jpg


アケボノソウがかたまって咲いているところがあった。

e0058731_2319534.jpg


15分ほどで、カタクリ峠に着いた。

e0058731_23204827.jpg


小さな栗の実がたくさん落ちていた。

e0058731_23213658.jpg


キノコもいろいろ見つけたが、キノコ名人のはっぱさん曰く、ほとんどが食べられないキノコだそうで。

e0058731_23222135.jpg


e0058731_23233594.jpg


まずは、一つ目。幻の池というんだそうだ。

e0058731_232427.jpg


苔がきれいについている。

e0058731_2329350.jpg


10:17 御池岳(丸山)への分岐。

e0058731_23292525.jpg


10:34 九合目。

e0058731_23294389.jpg


周りはすっかり秋色。

e0058731_23312065.jpg


10:51 頂上に。先客がいた。

e0058731_23305148.jpg


次は奥ノ平へ向かう。

e0058731_23313951.jpg


奥ノ平から。大きく見えるのが御嶽。その左に乗鞍。その左に穂高連峰が見える。

e0058731_23322773.jpg


2つ目の東池。

e0058731_074890.jpg


思ったより紅葉している。

e0058731_23335175.jpg


3つ目の奥ノ池。

e0058731_23525464.jpg


ボタン岩から

e0058731_23532299.jpg


4つ目の孝助ノ池

e0058731_23573536.jpg


別アングルで。

e0058731_23575513.jpg


12:39 ボタンブチに到着。

e0058731_23585093.jpg


琵琶湖がきれいに見える。

e0058731_23594116.jpg


ボタンブチを振り返る。

e0058731_002181.jpg


5つ目の風池。

e0058731_0101052.jpg


6つ目の丸池。

e0058731_011549.jpg


夕陽のテラス?西ノボタンブチ?で物思う二人。

e0058731_0124851.jpg


シロヨメナの群落の中を行く美女3人。顔をぼかしてます。すみません。

e0058731_0132335.jpg


雰囲気のいい林。ダイラみたい。

e0058731_0142532.jpg


7つ目の御花池。

e0058731_0145741.jpg


僕ら中年探検隊。道無き道を行くのです。

e0058731_017563.jpg


リンドウが一輪。

e0058731_018360.jpg


8つ目の元池。

e0058731_0183334.jpg


さて、真ノ谷の方へ戻ります。

e0058731_018486.jpg


遭難碑

e0058731_0201325.jpg


9つ目の真ノ池。

e0058731_0205353.jpg


ちょっと右手に入って、10こ目の南池。

e0058731_0214758.jpg


その横に11こ目の南小池。

e0058731_0234341.jpg


もっと奥に行くと、あと4つばかり池があるようだが、時間がないので戻る。残念!

反対側へちょっと入って、12こ目の北池。

e0058731_0254041.jpg


さあ、戻りましょう。

e0058731_026030.jpg


13こ目の道池。

e0058731_0265475.jpg


と、かわいいシマリスが!!

e0058731_0273448.jpg


14:50 分岐に戻ってきた。

e0058731_028345.jpg


15:18 カタクリ峠。

e0058731_0293836.jpg


ミカエリソウ。テンニンソウかと思ったが、帰ってから調べたら、葉が丸く大きいのはミカエリソウだそうだ。

e0058731_0302969.jpg


登りでも見たアケボノソウ

e0058731_0312973.jpg


16:19 下山。8時間近く歩いたので、さすがに膝が少し痛かったが、鹿にもシマリスにも会え、たくさんの池を見ることができ、充実感いっぱいの自主トレ山行だった。

御池の奥深さを改めて感じることができ、いい一日だった。自主トレを組んでくださった酒蔵さん、ありがとうございました。
e0058731_0315932.jpg

by kimukimulife | 2010-10-11 22:53 |
<< 涸沢〜パノラマコース〜 スイーツタイムコンサート〜ノエ... >>