湯ヶ峰

9月25日(土)

金曜の夜から、急にいつもの下呂に行くことになった。前から行ってみたかった温泉街の手前のくるくる寿司で夕食を食べ、宿へ。なんかしらないけど、宿の都合で和室付きの広い部屋を使わせてもらえることになり、ラッキー。私は家ではなかなか読めない本を持って行って、読書の秋。



で、次の日は、ゆっくりバイキングの朝食をとってから、せっかくだから近場の山へ登ろう、ということで、湯ヶ峰へ行くことにした。

ガイドブックについていた「下の登山口」から登ろうと考えたのだが、位置がよくわからない。
近くの「ふるさと歴史記念館」で聞いてみることにした。

e0058731_236886.jpg


そうしたら、下の登山口というのは、整備をしていた人たちがお年を召され、もう整備をしていないので使えないとのこと。代わりに「上の登山口」を教えてくれた。

e0058731_2371328.jpg


この登山口からは、あっという間に頂上に行けてしまうというので、別の登山口を選んだのだが、、、使えないなら仕方がない。教えていただいた道を行くと駐車スペースがあった。看板は、草の中でこれでは、よく見えない。

e0058731_23102264.jpg


車を置いて支度をし、歩き始める。

e0058731_2311952.jpg


白草山にあったのとおなじような看板があった。

e0058731_2312359.jpg


e0058731_23122590.jpg


歩き始めてすぐに、右へ入る道があったのだが、このときは見逃してしまった。このため、そのあと、かなりの時間をロスすることになる。

e0058731_23134395.jpg


下呂温泉発祥の地という「湯の平」の湯壷跡。

e0058731_23153542.jpg


なんだか、今は、猪のぬた場みたい。

e0058731_23162047.jpg


この先で行き止まりとなってしまい、道を探して、この目印のところから山に入ってみる。

e0058731_2318772.jpg


道がわからなくて、戻ったりしながら、この道標のところで左に入っていった。

e0058731_23192741.jpg


ようやく道がわかり整備された道を登る。

e0058731_23202725.jpg


頂上に到着。竹原の町がよく見える。

e0058731_23212891.jpg


頂上にあった小屋。

e0058731_2322066.jpg


中はきれいだった。

e0058731_23222892.jpg


中にスケッチブックが置いてあり、いろいろな山のスケッチがあった。

e0058731_2323438.jpg


横にはトイレもある。

e0058731_2324373.jpg


景色を堪能したら、下ろう。

e0058731_23244321.jpg


うーん、、、この分岐を見逃したんだ〜。こんなに分かりやすいのに、どうして?

e0058731_23253973.jpg


下りはあっという間だった。本来なら、登りがあっという間だったはず。

e0058731_23271416.jpg


今日の登山は、あっという間に終わってしまったので、先日、白草山の下見に来た時には寄らなかった「乗政大滝」に行ってみることにした。キャンプ場の管理棟。この向かい側に降り口がある。

e0058731_23301064.jpg


e0058731_2331176.jpg


e0058731_23413794.jpg


途中のトイレ。

e0058731_23313545.jpg


乗政大滝

e0058731_2332664.jpg


e0058731_23322723.jpg


e0058731_23324775.jpg


管理棟のトイレが11月いっぱいは使えることを電話で確認し、帰路に着いた。
途中、福岡町で、昔、子ども達と釣りをしたり、泳いだりした川に下りてみることにした。

e0058731_23353042.jpg


うーん、、、懐かしい、、、。昔を思い出しながら、お弁当を食べ、いつか孫を連れて来ようと、主人と話す。

e0058731_23362912.jpg


こんなものもありました。

e0058731_23365447.jpg


山登りとしては、物足りない一日だったが、別の意味で、いろいろ収穫のあった一日でした。
by kimukimulife | 2010-10-09 23:43 | | Comments(0)
<< スイーツタイムコンサート〜ノエ... 春野寿美礼 meets ima... >>