釈迦ヶ岳〜庵座の滝コース〜

6月6日(日)

鈴鹿セブンマウンテンは、すべてそのピークを踏んでいるが、釈迦は縦走の途中でピークを踏んだだけで、下から登ったことはなかった。




その釈迦に、登るチャンスがやっと来た。新しくできた庵座の滝のコースだ。

思えば、鈴鹿の山にもっと登りたいと、その方法を模索(山の会を探したり、本でルートを調べたり、ネットでHPを開いている人に尋ねたり)していたときに、ガイドブックに釈迦は初心者一人ではやめた方がいいというようなことが書いてあり、ずっと機会を待っていたがなかなか実現しなかった。

それが、例会で行けることになり、すぐに参加を決めた。

登山口は朝明のキャンプ場のところ。トイレを過ぎてから、大きい駐車場へ行く少し手前を右に入って行く。
e0058731_10323439.jpg


そこに車を置いて、林道を歩いて行く。

e0058731_1033230.jpg


e0058731_10332813.jpg


看板を右に。

e0058731_10335187.jpg


今は工事の関係で、ここを通る。

e0058731_1034520.jpg


1時間ほど歩くと、今日のお楽しみの庵座の滝が見えて来る。

e0058731_10345173.jpg


滝壺まで行けるのがいい。

e0058731_10353967.jpg


とても立派な滝だ。たしか、御在所から表道?を下りて来る時に見える滝じゃないかな?まちがってたら、誰か教えて下さい。

e0058731_10361899.jpg


ここで、コーヒータイム。おいしいコーヒーと、差し入れのケーキで贅沢なカフェブレイク。

さあ、一服して写真を撮ったら、出発。ここから急登が始まる。

e0058731_10405891.jpg


滝のところで冷えた体が、また熱くなる。

e0058731_10415061.jpg


まるでアルプスのような景観。

e0058731_1044710.jpg


あれは、猫岳?

e0058731_10443452.jpg


厳しい登り。

e0058731_10445664.jpg


イワカガミが。今年、初見。

e0058731_10452072.jpg


まずは、最高点に到着。

e0058731_10455195.jpg


尾根にシロヤシオが残っていた。ちょっとピンぼけで残念。

e0058731_10475440.jpg


山頂。狭いので、写真を撮ってすぐに移動。

e0058731_10483684.jpg


e0058731_1049298.jpg


e0058731_10493556.jpg


気持ちのいい緑のトンネル。

e0058731_10495211.jpg


このあたりで昼食タイム。

e0058731_10502714.jpg


下り道の途中の景色。

e0058731_10505799.jpg


振り返ってみると、結構こわいところを歩いている。

e0058731_10514521.jpg


ここから下へ。中尾根を行く。

e0058731_10521875.jpg


こちらへ行くと、庵座の滝へ。

e0058731_1053121.jpg


でも、こちらへは行かない。

e0058731_1053564.jpg


今のツツジは、朱色っぽい色だ。ヤマツツジかな?

e0058731_10541551.jpg


鳴滝コバ

e0058731_10573616.jpg


e0058731_105848.jpg


下りてきました。

e0058731_10581815.jpg


素晴らしい滝と、雄大な景色。急な登りはきついが、そのおかげで比較的短時間で登れるいいコースだった。紅葉もきれいそうなので、また、秋に来たい。
by kimukimulife | 2010-06-06 23:32 |
<< 山田音楽教室発表会 ヒラリー・ハーンとサロネン/フ... >>