御池岳

4月25日(日)

今年の春は、鈴鹿の山に行けなかったので、花が見たいなあと例会に参加した。




鈴鹿の山に初めて登ったのは、中3の時に部活の先生に連れられて登った御在所。
次が大学の生物同好会で登った藤原岳。延々と岩がごろごろした谷を登り、頂上近くは背の丈ほどのクマザサが生い茂っていて、ガスで何も見えず、ただつらかった記憶しかない。

その次が結婚して中年になってからの鎌ヶ岳で、次がこの御池岳だった。鈴鹿の山にもこんな高原のようなところがあるんだ、と思ったのを覚えている。が、この時はボタンブチも知らず、寄らずに下りてしまった。

そのあと、いろいろあって「やまびと」という三重の山の会に入り、さまざまな山に行けるようになった。

で、久しぶりの御池である。この日は、カタクリの写真を撮ることが第一目的だった。その写真を、退職の挨拶状に使いたかったのだ。やはり、今年の写真を使いたくて。

通れなくなっていた鞍掛峠が開通したので、なんとか車を停めて歩き始める。

e0058731_22474143.jpg


右側は崩れていて通れない。

e0058731_2254541.jpg


e0058731_2383797.jpg


カタクリ峠から登ったが、カタクリは見られない。でも、ずいぶん大勢の人が登っている。

e0058731_23102780.jpg


やっと蕾がひとつ。

e0058731_2311290.jpg


e0058731_23114490.jpg


e0058731_231223.jpg


e0058731_23121561.jpg


e0058731_23123183.jpg


e0058731_23124959.jpg


e0058731_2313163.jpg


まずは、奥の平へ。

e0058731_23131568.jpg


e0058731_23132920.jpg


e0058731_23135629.jpg


e0058731_23143087.jpg


奥の平に到着。

e0058731_2315655.jpg


e0058731_23152161.jpg


幸助池?

e0058731_2315338.jpg


やっと花に出会えた。キクザキイチゲ

e0058731_23172021.jpg


ボタンブチ

e0058731_23175413.jpg


素晴らしい展望

e0058731_23273671.jpg


e0058731_2328546.jpg


天狗鼻からボタンブチを臨む。

e0058731_23284167.jpg


丸山頂上

e0058731_23301276.jpg


鹿の群れを発見!

e0058731_2331768.jpg


e0058731_23312660.jpg


日本庭園の方へ

e0058731_23345436.jpg


真ノ池?

e0058731_23355074.jpg


e0058731_23363662.jpg


日本庭園

e0058731_233723.jpg


e0058731_233729100.jpg


アセビ

e0058731_23374474.jpg


鈴北岳

e0058731_2338052.jpg


タテ谷を下りる。

e0058731_2339564.jpg


雪が残っていた!

e0058731_23412459.jpg


ニリンソウ

e0058731_23415317.jpg


そして、やっとあった!カタクリがふたつだけ。

e0058731_23425534.jpg


e0058731_23431590.jpg


下りて来ました。

e0058731_2343319.jpg


絶好の登山日和になり、あきらめていたカタクリも見ることができて、いい一日となった。
by kimukimulife | 2010-05-08 20:35 |
<< 雄山(立山) 住塚山(曽爾高原) >>