笠ヶ岳

8月5日(水)〜6日(木)

今年の夏は、梅雨がなかなか明けずに、山に行くチャンスがなかなか訪れなかったが、、、




昨年から考えていた鏡平山荘へ泊まっての山行ということで、笠ヶ岳に行くことにした。

なぜ、鏡平山荘かというと、いとこの嫁ぎ先の親戚がやっている山小屋だからだ。昨年の夏は、いとこの娘もスタッフとして働いていた。実は、昨年、いとこの会で初めてそれを知ったのだが。

梅雨はまだ明けてはいなかったが、降ったらすぐに下りてくればいい、ということでとにかく行くことにした。問い合わせたら、あいにく、今年は彼女は山に入ってはいなかったが。

朝、5:30に家を出発。高速を乗り継いで、新穂高ロープウェイの駅に着いたのが8時過ぎ。下の駐車場に車を停め、歩いて行く。

e0058731_1584271.jpg


林道が長く、1時間ほど歩く。

e0058731_151015100.jpg


e0058731_15104293.jpg


e0058731_1511039.jpg


ウバユリ

e0058731_15111286.jpg


キバナノヤマオダマキ

e0058731_15124386.jpg


シモツケ

e0058731_15125599.jpg


クガイソウ

e0058731_15131581.jpg


橋を渡る。この清流が、次の日は濁流となる。

e0058731_1513294.jpg


ヤマホタルブクロ

e0058731_1514314.jpg


ここが、笠新道の登山口。今回は、ここに下りて来ることになる。

e0058731_2211788.jpg


わさび平小屋。登山基地になる小屋。お風呂があるということだ。ここと鏡平小屋と双六小屋と黒部五郎小舎が、同じオーナーの小屋のようだ。冷やしたトマトがおいしかった!

e0058731_15142299.jpg


ここが小池新道の登山口。小屋を開いた小池さんの名前がついているらしい。

e0058731_22133460.jpg


天気はまあまあ。

e0058731_2214135.jpg


ノリウツギ

e0058731_22143417.jpg


e0058731_22154317.jpg


e0058731_22155738.jpg


e0058731_221694.jpg


オトギリソウ

e0058731_22162595.jpg


楽々ジグザグコースに。

e0058731_2219272.jpg


e0058731_2220238.jpg


e0058731_22203889.jpg


ミゾホオズキ

e0058731_22205825.jpg


カラマツソウ

e0058731_22365055.jpg


クルマユリ

e0058731_22371488.jpg


e0058731_223739100.jpg


マルバダケブキ

e0058731_22375436.jpg


ニッコウキスゲ

e0058731_22381771.jpg


まだ雪が残っている。

e0058731_22384145.jpg


e0058731_2239826.jpg


キヌガサソウ

e0058731_22392674.jpg


エンレイソウは花が終わっていた。

e0058731_22395067.jpg


e0058731_22403163.jpg


e0058731_22404787.jpg


e0058731_2241450.jpg


コバイケイソウの群落

e0058731_22412594.jpg


キヌガサソウの群落

e0058731_22414019.jpg


コイワカガミ

e0058731_22423928.jpg


山荘に近づいて来た。

e0058731_2243349.jpg


展望台

e0058731_22433347.jpg


お天気がいいと、「逆さ槍」が見られるのだが、今日は残念ながら雲に隠れている。
「鏡平」という名前の由来の池?

e0058731_22435859.jpg


鏡平山荘

e0058731_22453872.jpg


暑かったので、ばてました〜

e0058731_2246792.jpg


100人のキャパのところ、今日は150人入っているということで、メザシ状態を覚悟していたが、たまちゃんの親戚ということで、4人部屋に入れてもらえた。ラッキー!
ゆったりと、寝られてよかった、、、と言いたいが、相部屋のもう一組のご夫婦のご主人の寝言がものすごく、(もう、うなされていると言っても過言ではない)しょっちゅう目が覚めていた。

主人は生ビールをしこたま飲み、眠剤も飲んでよく寝られたそうな。くやしい・・・

さて、次の日は、、、

e0058731_2352915.jpg


お天気はまあまあ。5:30に山荘を出発。笠ヶ岳に向かう。まずは、双六方面に。

e0058731_23121665.jpg


逆さ槍は見えなかったけど、こんな感じで見えるんだろうな。

e0058731_23124690.jpg


コバイケイソウ

e0058731_23143221.jpg


チングルマ

e0058731_2316098.jpg


コイワカガミ

e0058731_23163658.jpg


ミヤマキンバイ?

e0058731_23173171.jpg


e0058731_2318976.jpg


槍ヶ岳が顔を出した。

e0058731_23182480.jpg


e0058731_23185576.jpg


e0058731_23191021.jpg


e0058731_23192959.jpg


e0058731_23195350.jpg


e0058731_23202914.jpg


e0058731_2320511.jpg


e0058731_23212866.jpg


ハクサンイチゲ

e0058731_23214732.jpg


e0058731_23223336.jpg


雪渓がまだ残っている。

e0058731_2323536.jpg


e0058731_2324233.jpg


e0058731_2324188.jpg


e0058731_2324541.jpg


e0058731_2325886.jpg


ハクサンフウロ

e0058731_23281284.jpg


エゾシオガマ

e0058731_23282958.jpg


ヤマハハコ

e0058731_23392679.jpg


e0058731_2341053.jpg


e0058731_23412961.jpg


e0058731_23415195.jpg


弓折岳

e0058731_23421053.jpg


シナノキンバイ

e0058731_23425666.jpg


ベニバナイチゴ?

e0058731_23431155.jpg


アオノツガザクラ

e0058731_23514459.jpg


e0058731_23522031.jpg


e0058731_23565767.jpg


e0058731_2357104.jpg


笠ヶ岳はまだ遠い。

e0058731_23573154.jpg


ハクサンシャクナゲ

e0058731_23581461.jpg


e0058731_031538.jpg


e0058731_032933.jpg


e0058731_03448.jpg


イワギキョウ

e0058731_03573.jpg


新穂高への分岐

e0058731_042931.jpg


e0058731_052870.jpg


e0058731_055460.jpg


抜戸岩

e0058731_0641100.jpg


雷鳥の親子が砂浴びをしていた。

e0058731_065871.jpg


e0058731_073887.jpg


岩に「ガンバレ」の文字

e0058731_083141.jpg


リュックをデポして、山頂をめざす。

e0058731_084874.jpg


笠ヶ岳山荘

e0058731_09331.jpg


頂上へ

e0058731_095810.jpg


e0058731_0102259.jpg



e0058731_0103758.jpg


やっと山頂に。約6時間。長かった〜

e0058731_0105089.jpg


下り道でまた雷鳥に会う。これはオス。

e0058731_0111869.jpg


オスとメスのつがい。

e0058731_0122898.jpg


さきほど通った分岐から新穂高へ、笠新道を下りる。途中の杓子平はニッコウキスゲの大群落やササユリなどがきれいだった。残念ながら、雨のため、写真が撮れなかったが。

e0058731_0133950.jpg


e0058731_0161871.jpg


雨の中をひたすら下った。

e0058731_0164614.jpg


2日目の歩行時間は13時間。そのうち、5時間は雨の中を歩いた。
土砂降りの雨の中、すべって転ばないように気をつけながら慎重に歩き、足ががくがくに。
林道に出てからの1時間も、疲れた足にはきつかった。

登りの小池新道は、久しぶりの山ということもあり、また暑くてばてたが、コンディションがよければそんなにきつい道ではなく、鏡平小屋から双六小屋までもそんなに遠くない。

笠ヶ岳へも、頂上直下の小屋に泊まれば、一日の行程はそんなに大変ではない。
今回は強行軍だったが、上で2泊するつもりで行けば、もっとゆったり行けただろう。

下の新穂高の「うちのペンション」に着いて温泉に入り、疲れた体をほぐしてやっと一息ついた。
久しぶりにいやというほど歩いた一日だった。
by kimukimulife | 2009-08-11 23:47 | | Comments(2)
Commented by 酒蔵 at 2009-08-25 01:26 x
疲れたといっても余裕の表情に見えますよ。
雷鳥がたくさん見えたのはよかったですね。花もよく見えて。私などはどこかでたくさん見過ごしてきたのか、と思います。
今年の天気はどなたも運が悪いようで、忘れられない年になりそうですね。同じ山にはもう何度も行けない気がして、秋風が恨めしいです。
Commented by kimukimulife at 2009-08-26 22:20
酒蔵さん、ご無沙汰しています。今年は週末になるとお天気が悪く、またお盆は渋滞がいやで、なかなか山に行けませんでしたので、久しぶりの山行でばてばてでした。酒蔵さんが行かれたときは、笠新道を登られたんでしたっけ?鏡平小屋から一日で笠ヶ岳に登って下まで下りるというのは、ちょっときつかったです。特に分岐からの5時間は雨の中で、すべりやすく、今まででいちばんきつかったです。23日から上高地から入り、涸沢ヒュッテと穂高岳山荘に泊まって北穂〜涸沢岳〜奥穂〜前穂と歩いて来ましたが、やはり山はお天気がいちばんですね。素晴らしい展望でした。
<< 乗鞍岳 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェ... >>